« ソフトの魅力を伝える | トップページ | Blue Monday »

2004.03.01

新たな可能性を切り開く、Bluetooth携帯の本命

Bluetoothの真価を発揮する携帯電話が、ようやく日本でも発表された。
auのA5504Tという端末で4月中旬の発売予定。さすがBluetoothの東芝だけあって、何が必要かちゃんとわかっている。RBB Todayがいち早く報じていた。

これまで日本にもBluetooth対応携帯電話やPHSがあるにはあったが、アダプターが必要だったり、サポートしているのがダイアルアップとファイル/データー転送だけだったりと、お粗末な内容だった。
 それでいて、キャリアやメーカーの側が、せっかくBluetoothを搭載したのに売れない=>Bluetoothは不要と判断していたのが実情ではなかろうか。

富士通がDoCoMo向けに開発中のF900iTもまだ対応プロファイルを公表していないが、消極的サポートの臭いを漂わせている。

だが、海外ではこれに加えてBluetoothヘッドセットのサポートも当たり前、さらにMacユーザーの間では、スウェーデンのプログラマー、Jonas SallingがつくったSalling Clickerと言うソフトがまったく新しい可能性を切り開き長らく話題になっている。

それは携帯電話を使ってパソコンを遠隔操作すると言うものだ。携帯のポインターを使ってMacのカーソルを操作したり、パソコンから(携帯を持って離れると)音楽の再生を停止したり、と同ソフトにこらされた創意工夫は携帯電話のあり方そのものまで考えさせる深みを持つ。
A5504TはBREWからプログラミング可能と言う事なので、ぜひSalling Clickerにも対応して、日本のBluetooth携帯電話を新時代へと導く道標になってほしい。

3月 1, 2004 Bluetooth, 携帯・デジカメ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/250562

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな可能性を切り開く、Bluetooth携帯の本命:

» au侮りがたし トラックバック soupir bleu
Bluetooth搭載の携帯電話がauから登場。BREWアプリから外部機器の操作が可能に ケータイwatch: au、Bluetooth対応でAV機能搭載の「... [続きを読む]

受信: 2004/03/01 20:39:23

» 携帯を機種変更 トラックバック Ken1's blog - 私は技術者だから....
1年半ぶりに携帯を機種変更した。今回のは三洋製 W22SA、キャリアを au にしてから3台目、私にとって初の CDMA 1x WIN 対応機だ。色はイエロー、... [続きを読む]

受信: 2005/01/10 21:18:04

コメント

ようやく「これだ!」と言える物が出てきましたね。
ただし、先日出たばかりの CLIE TH-55 が Bluetooth を備えていなかったり、Thinkpad X40 も米国モデルでは Bluetooth が標準で使えるのに 日本向けモデルでは付いていないとか、「日本では Bluetooth が普及していなから...」という理由で PDAやノートPC 等の機器の側に冷めた雰囲気が漂い始めていることが気になります。

投稿: ken1 | 2004.03.01 19:28

ken1さん、ご無沙汰です
そうですよね、SONYやPCメーカーの対応も優柔不断で、サポートしたり、しなかったり。
 携帯電話メーカー/キャリアーの方も、昔(Dialupプロファイルも固まっていない時代に)サポートしたけれど(バカ高かった製品が)売れなかった。とか、そういった理由で敬遠しているところが多いのが実情だと思います。このままだ悪循環を続けないためにも、どこかに変えてもらわなければなりません。今回のA5504Tにはそれを期待しています。

投稿: nobi | 2004.03.01 19:55

こんにちは。
(Bluetoothを検索していて、たどり着きました。)

本当に「本命」だと思います。手に入れながら検討し、結局躊躇したままになっていたC413をはるかに上回る基本性能の高さ、と考えます。
デザインや使い勝手(二ツ折り)など、乗り換えを決決めるには十分すぎる要素だと、私は思います。

私は、これでauに乗り換えることにします。

投稿: もろなないよう | 2004.03.03 19:27

コメントを書く