« SANYO AirStorage | トップページ | 警察不正、静岡でも発覚 »

2004.03.06

セルリアンタワー

インタビューでセルリアンタワーに行った。
考えてみるとここの客室を見るのは今回が初めてだ。

カードキーがないと入れないエギュゼクティブフロアーで、共有ラウンジもあるということで
インタビューの内容はもちろんだが(風邪を押して無理にお願いしたので相手には悪い事をした...)
部屋の様子にもちょっと期待していた

エレベーターをおりるとすぐに共有ラウンジが目に入る。ここは確かに眺めも良さそうだ。
(でも、どうやら宿泊客しか入れないそうで、ゲストの応接には使えないらしい...もし、本当なら、ちょっと不便だよなぁ。そのせいか、私がいった時は、遅い朝食を食べていてもよさそうな朝10時なのに誰もいなかった)。

で、部屋に入ると...
「これってビジネスホテル?」と思う狭さと小さな窓にちょっとビックリ
まあ、プレジデンシャルスイートではないので、まだ上の部屋はあるのだろうけれど
こんなものなの?
六本木ヒルズタワーや東京タワーも正面に見えて、眺めは悪くないけれど
広さ的にも、置いてあるデスクとかにしても、「エギュゼクティブ」というにはちょっと苦しい
(さすがにインタビューに行ってバスルームとかまでは覗いていないけれど...間取り的にバスルームだけが異常に大きいとも考えにくい。でもクローゼットは使いやすそうだったかも)。
渋谷の新しいランドマークの1つなんだし、もう少し頑張って欲しかった

ビットバレーへのアクセスがいいのが強みだけれど、特に渋谷圏に固執する必要がない人がわざわざ選んで泊まることを勧められるかというと、今のままではちょっと不安だ

今回のセルリアン訪問でもう1つ楽しみにしていたのが、ロビー階にあるセレクトショップIn Touchを覗くこと。ここはなかなか楽しかった。

 実はこの数ヶ月、六本木ヒルズのAGITOで、一目惚れしつつもroのバッグを買いそびれてしまったことを非常に後悔している。AGITOの店員さんが親切にも、roのバッグならIn Touchでも扱っていると教えてれて、それ以来、この店を尋ねるのを楽しみにしていた。確かに最近(一部で)話題のメッセンジャーバッグとかは置いてあったが、私の目当てのバッグはなかった。しかし、それでもこの店は時々、わざわざ遠回りして覗きたい店の1つにランクインしたかも。

なんて、こんな不謹慎だからせっかく相手が(うつさないように)気遣ってくれたのに、うつってしまったかも(風邪)

葛根湯を飲んで原稿執筆中。でも、肩こりがひどくて、能率があがらない。久々にヌアボーランでも行くかなぁ?

3月 6, 2004 住まい・インテリア |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/269646

この記事へのトラックバック一覧です: セルリアンタワー:

コメント

取材と言えば、民家の軒先か、うら寒い応接室どまりな田舎暮らしにとって、なんと甘美なリンク先の数々でしょう。
寒気と肩こりには葛根湯が一番ですね。無理なさらないよう。

投稿: MIU | 2004.03.07 11:02

セルリアンタワーってビットバレーに近いということもありIT関係の人間では結構注目されていたし、遠くからも見える新しいランドマークとして期待していたんですが、もともと東急系だしそんなきばったホテルではないのかもしれないですよね。タクシーの運転手も知らなかったし(苦笑>車の中で質問事項とかをまとめようと思っていたら道案内をするハメに)

投稿: nobi | 2004.03.07 12:47

コメントを書く