« BIZ VISION 2004を見て、Apple Remote Desktopを思う | トップページ | 海外邦人注目の「エアボード」 発売中 »

2004.04.10

「六本木クロッシング」展 プライズ受賞者発表!本日最終日

「六本木クロッシング」展で、森美術館が行っていたプライズの受賞者が発表されました(昨日、同展の出口のところに掲載されていました)

MORI ART MUSEUMのどこかにも書いてあるようですが(見つけられませんでした)。受賞者は...

「MAMコンテンポラリー賞」
投票資格: 森美術館MAMコンテンポラリー、個人メンバー、法人メンバー対象
受賞者: 深澤直人
トラベル賞: ニブロール

「オーディエンス賞」
投票資格: 来館者対象
受賞者:   笹口数
トラベル賞: ヤノベケンジ

「インターナショナル・アドバイザリー・ボード賞」
投票資格: 森美術館の国際アドバイザリー・ボードのメンバー
受賞者: 加藤美佳
トラベル賞: 小谷元彦


深沢さんは±0と非常誘導灯のアニメーションを出展。
最初の頃は後者に気づかず通り過ぎるひつも多かったですが、昨日などは人垣ができていました。

ニブロールさんは一番最後に展示されている、見ている人の影の中を、別の影が突き抜けていくインスタレーションを

そして笹口数さんは(白い糸で吊るされた)青いボールで人を描いた作品(言うなれば立体的ドット絵!?)を出展していた方です。

私が投票したのも(何人まで選べるのか忘れてしまいましたが)この3人(だったか、2人だった)のでちょっとうれしくなりました。

その「六本木クロッシング」もよく見たらいよいよ今日が最終日ですね。

毎回、行く度に展示が増えていたり、移動していたり、展示方法が変わっていたりした同展ですが、昨日、調整中になっていたニブロールさんの作品、ぜひ最終日は動いていて欲しいな...(たぶん、今日は行けないけれど)

4月 10, 2004 アート |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/420399

この記事へのトラックバック一覧です: 「六本木クロッシング」展 プライズ受賞者発表!本日最終日:

コメント

コメントを書く