« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004.04.30

音楽プレーヤーのレシピ:曲数は1000曲

ちょっと古いが(といっても1週間前)、Internet Watchでこんな記事を発見、


もっとも使いやすいポータブルプレーヤーの容量は「1,000曲」〜米調査結果

これって初代iPodとiPod miniのレシピが正しいと言う証明、と受け止めていいのだろうか?それともこの2つが成功したから、この結果なんだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.29

MoMAキュレータートーク

森美術館で、内覧会につづいて今回の展示、「モダンってなに?」の企画を行ったMoMAのキュレーター、Deborah WyeさんとWendy Weitmanさん、それから森美術館館長のDavid Elliott氏による講演+パネルディスカッション、「Curator Talk "Talk about Modern"」というイベントに参加した。

 4つのテーマの主旨については、私の内覧会の感想もそれほど的外れではなかったようだ。

 ただ今回のTalkで4つのテーマは英語のままの方が圧倒的にわかりやすいことに気がついた。いただいたプログラムは日本語のものだったので「日常性の中で」くらいはわかるが、あとの3つのテーマはちょっと抽象的すぎて何がいいたかったのかわからなかった。でも、4つのテーマの英語表記はいたってシンプル(右はその日本語版):


  • Primal  ーー根源に戻って
  • Reductive ーー純粋さを求めて
  • Commonplace ーー日常性の中で
  • Mutable  ーー変化に向かって


実は最初、2人のキュレーターには5つめのテーマのアイデアもあったらしい。そのテーマとは「Language」。
言葉に基づいた作品の存在は無視できないのでぜひ紹介したかったが、展示の開催地が日本と言うこともありLanguage Barrierへの懸念があったこと、それから森美術館がビルの形に合わせて4つのセクションにわかれていることから4つのテーマでいくことに決めた、という。

続きを読む "MoMAキュレータートーク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.28

重DRM vs 軽DRM

PC WATCHの後藤貴子の米国ハイテク事情:“北風より太陽”によって米国でデジタルコンテンツとPCが栄える?で筆者の後藤さんがDRMを重DRM、軽DRMにわけて日本とアメリカでデジタルコンテンツ市場が明暗が分かれると書いています。

 これについては私もまったく同意見。これまでも月刊アスキーやMACPOWER、MacPeopleそしてnobilog1/2でこのことを訴えてきましたし、これからももっといろいろ取材し、書いていこうと思っています。

続きを読む "重DRM vs 軽DRM"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どちらの気持ちもわかる

どっちの気持ちもわかるというテーマの話をいくつか。

今日は打ち合わせも足早に済ませ、「モダンって何?」の内覧会に向かった(詳細は前のエントリーを更新して書く予定)。
六本木ヒルズについて驚いたのがエスカレーターが封鎖されていて4階(メインとなるフロア)にあがれない。
どうも今日は風が強くて「危険」ということで事故予防のために4階デッキへのアクセスを封鎖していたようだ。

続きを読む "どちらの気持ちもわかる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.27

モダンってなに? [更新]

森美術館にMOMAがやってくる。

明日から8月1日まで、ニューヨーク近代美術館コレクションから約290点の絵画、写真、映画、デザイン、および建築作品を紹介する展覧会、「モダンってなに?: アートの継続性と変化、 1880年から現在まで(MOMA@森美術館)」が開催される。

今日はその内覧会。
そうそう、今回の展示でもiPodの音声ガイドがあるようです。これは森美術館では定番化したのかな?
でも、今日はじっくり鑑賞しようと思って借りませんでした。

P1000247.JPG

続きを読む "モダンってなに? [更新]"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハードディスクからdeath clicks

昔使っていたiBookは今、リビングに置かれている。
たまに家族の写真をiPhotoに使ったり、iTunesのストリーミング放送を聞くのに使っていた。

先ほどリビングに行ったら、どこかから規則的な変な音が聞こえてくる。

何かが空回りしているような、ひっかかりそこねているようなそんな音だ。

なんだろうと思って、あたりを見回しても、何も音を立てるようなものはない。

「もしや」と思った瞬間、過去の忌まわしい記憶が蘇ってきた。

続きを読む "ハードディスクからdeath clicks"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.04.23

iPodアナログライフスタイル

4.jpg

この数日、月刊MacPeopleと月刊アスキーの最新号で見かけたある広告が気になっていた。

「東京表参道にUsed Mac関連の古くて新しい新感覚ギャラリーアンドアップが誕生しました」というもの。

ページの下には、パソコン雑誌では珍しい「古物商許可証」の番号が書かれている。

取材の帰り、せっかくカメラも持っていることだしと、山手線を原宿駅で途中下車、そこから千代田線に乗り換えて表参道駅へ(本来、両駅の間は歩いた方が楽しめるが、今日はその後の予定があった)。

B1出口から地上に出て、まず向かったのはNOKIAのO-partsショップ。その後、ISABURO 1889を経由してAOYAMA SPIRALの展示を覗いてから、改築中の紀伊国屋の裏(から1ブロック)にある同店を目指した。

その店はコトブキビルという、昭和の趣きを残したビルの2階にあった。

続きを読む "iPodアナログライフスタイル"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004.04.21

"QUALIA"ステレオヘッドホンとコードの色

ソニーが久々にクオリアの新作を発表した。
QUALIA 010、今度はヘッドホンだ。

「人の可聴帯域を越える高音域も余すことなく再現」なんて書かれると、スーパーオーディオCDとの組み合わせてどんな素敵な視聴体験が持てるのか期待が膨らんでしまう。

 でも、iPodではこのヘッドホンの価値はわからないだろう。自宅で音楽を楽しむ時も、すっかりiTunesになってしまった私には縁遠い印象がある。

 そもそも自宅で音楽を楽しむならスピーカー(気になっている製品はこれ)やハイビジョン+5.1chで映像付きで楽しみたい気もする。

 もっとはそれは単に私に「関係ない製品」というだけのことであって、製品の音質が世界的に評価されたり、数人でも本当にこの製品を愛してくれる人がでてくれば、この製品はそれで成功なのだろう。

 ところで、このクオリアの写真を見ていて、別の話題を思い出した。ヘッドホンのコードの色についてだ。

続きを読む ""QUALIA"ステレオヘッドホンとコードの色"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

強いのは既知の友人が多いSNSか!?

Social Networkでは、参加者の数も重要けれど、1ユーザーが1日当たりどれくらいの時間をそこで費やすか、どれだけそこに依存しているかも重要な要素だと思う。

 いや、もしかしたら、それはそのSNSが何を目指しているのかによって違って、例えば特定の仕事のパートナーを検索する時にだけアクセスしておしまい、というサービスもありかもしれない。また、特定の広告メッセージが、ターゲット層にとりあえず届けばそれだけでビジネスとして成功、というところもあるのかも知れない。

ただ、依存度が高まり、利用時間が長くなるとそれによって利用者の心の中でのそのSNSの存在が大きくなってくる。

続きを読む "強いのは既知の友人が多いSNSか!?"

| | コメント (1) | トラックバック (30)

Harrison's Flowers

仕事が貯まっているのにちょっと気分転換のつもりでプロジェクターの電源を入れ、BSチューナーのチャンネルを変えていたら「戦場のジャーナリスト(原題:Harrison's flowers)」というあまりにもタイムリーな話題の映画。ついつい最後まで見てしまいました。

続きを読む "Harrison's Flowers"

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2004.04.20

ソニー社長、「iTunesにはやられた」

この間、drikin.comに聞いて気になっていたASAHIパソコンを昨晩購入した。
目当ては「ソニー復活に秘められたシナリオ」という特集でなかなかよくできた特集だった。

これまで私自身、雑誌や(アスキー系、アスペクト系)ムックなどで、ソニーはWalkmanをつくったまではよかったが、デジタル時代になってからは完全に乗り遅れた。著作権保護にばかり配慮して、ユーザーに配慮しなかった、と批判してきた。書きながら心配だったのは、ソニーがそのことを理解していて改善できるのか、ということだった。

この記事を読んで少し、安心すると共に、ちょっと今後の展開への期待が膨らんだ。

続きを読む "ソニー社長、「iTunesにはやられた」"

| | コメント (7) | トラックバック (7)

2004.04.19

ANAもSNS参入

friendpark.jpg

ついにANAまでもがSNSを始めた:ANA フレンドパーク

ANAマイレージカードを持っている人はメールで案内が来ているはずなのでチェックしてみよう
(持っていない人でも登録できる)

仕事が遅れ気味でしっかりチェックしていないのだけれど、第一印象は、


  • ついに来たか(国内大手企業のSNS)
  • これはありかも
  • よく工夫しているなぁ
  • 他のSNSと連携して欲しい

といったところだ

続きを読む "ANAもSNS参入"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2004.04.18

アラン・ケイ サイン入り扇子

MacPeopleの野末編集長から教えてもらいました:

4月22日から開催する2004 東京国際ブックフェアにて、ボイジャーが100本限定でアラン・ケイ サイン入り高座扇を発売するようです。

氏のあまりに有名な言葉、"The Best Way to Predict the Future is to Invent It!"が直筆で書かれているそうです。

続きを読む "アラン・ケイ サイン入り扇子"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.04.16

容量25GBの紙ディスク

これはおもしろい!

asahi.com : ネット最前線 : 朝日新聞ニュース


振り返るとCD誕生から22年余り、ピクチャーディスクから、シングルCD、名刺型ディスクまでいろいろなものが登場したなぁ...

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004 ミラノサローネ

そういえば「Salone Internazionale del Mobile(通称、ミラノサローネ)」が開催中。今年こそは行きたいと思っていたのだけれど、探し始めた頃には飛行機のチケットもsold out。
 指をくわえながらJDNのレポートを楽しむことにします。

JDN /JDNリポート /2004 ミラノサローネ特集

続きを読む "2004 ミラノサローネ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.15

テロと宣伝効果

この数日に見た(イラクでの)誘拐事件についての数あるニュースの中で、一番重要と思ったのはZAKZAKのこの記事だった:
ZAKZAK記事

日本人を誘拐したことが一番メディアで取り上げられた(海外メディアでも取り上げられた)。つまり、もっとも宣伝効果があったと指摘するもので、その後の人質誘拐もこれをモデルにしている、というものだ。

続きを読む "テロと宣伝効果"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004.04.14

Nokia Bluetoothペン

元ネタ:ShimoKen-Works: ちょっと欲しいかもanote.jpg

NOKIAがアノト・ペン・ベースのBluetoothボールペン、Nokia Digital Pen SU-1Bを発売しているらしい。

しかも、これがNOKIA 6650で使えるらしい。某編集者の購入で、せっかく沈静化しつつあった「NOKIA 6650欲しい病」が一気に再燃した。

続きを読む "Nokia Bluetoothペン"

| | コメント (1) | トラックバック (2)

やはり開催は難しい!?

ちゃんと事実確認はしていないので掲載を戸惑いましたが、誘惑に負けました。Think Secretは、現在、MACWORLD EXPO/BOSTONに出展予定の企業は目標の100社を大きく下回る30社弱と報じています。


Think Secret - IDG aims for 100 exhibitors at Macworld Boston; under 30 currently signed up

続きを読む "やはり開催は難しい!?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

小学校転校回数自慢!?

1975.jpg

World Cup Diaryのhattamさんから「この指とまれ!」が運営する「Echoo!」の招待状をもらった。実は同窓生探しに利用できないかと期待していたが、まだできたてで登録人数が多くない。
 そこで、本家の「指とま」にも登録してみた(登録していたと思っていたのにされていなかったようだ)。

学校名は都道府県から始まる階層構造で選ばなければならないので、海外の大学が選べないのはちょっとばかり残念だ(海外の大学に行っても再会したい日本人の友達はいるものだ[※できました:コメント参照])。

しかし、実は私の場合、その不足を補ってもあまりあるほどの数の小学校を登録できる。そう私は昔の学園ものドラマとかにも必ず1人はでてきそうな典型的な転校生だったのだ(笑)

続きを読む "小学校転校回数自慢!?"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

SNSはどこへ向かうべきかパートI(@nobilog)

SNSはどう進化すべきか。最近の考えを英語でまとめてみました。

nobilog: Future of Social Networks: Part I

続きを読む "SNSはどこへ向かうべきかパートI(@nobilog)"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.04.13

リムーバブルHDD時代再来か!?

昨日の一連のiVDR関連の発表に続いて、Iomegaも久々にリムーバブルHDDの新製品、「REV」を発表した。

以下、いずれもPC WATCHの記事:

続きを読む "リムーバブルHDD時代再来か!?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.04.12

BLOGを製本するサービス

なんか、ここ数日、体調不良で家を出ていない+暑くて現実逃避でBLOG更新ペースが異常に高まっている。

ココログでのブックマークレット(クイック投稿)の使い方に今更気がついたからという噂も...

久々にBLOG巡回をしていたらcat@logさんのところでこんなおもしろいサービスを発見:
cat@log: ウェブログを製本!

続きを読む "BLOGを製本するサービス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこまで増えるSNS!?

INTERNET WATCH経由:

ゆびとま、ソーシャルネットワーキングサイト「Echoo!」開始

ある意味、日本のSNSの元祖でもあった「ゆびとま」が、今風の招待状ベースのSNS、「Echoo!」を開始した。

実は、日本にはOrkut登場以前からも、この「ゆびとま」をはじめ関心空間などの立派なSNSが存在していた。

今回の「Echoo!」はブームにのったリニューアルでサービスの再活性化といったところ、と流しそうだったけれど、RSSフィード付きBLOG機能とかちゃんとツボはおさえてあり、なかなか期待が持てそうだ。

でも、こうもどんどんとSNSが増え続けるとユーザーも混乱するし、サービスそのものにも皆、シラケ始めてきてしまう。

続きを読む "どこまで増えるSNS!?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウィルスメール2次被害ーPART 2

前の記事を書いていて、BLOGにエントリーしなければならないと思っていて忘れていたことを思い出した。
そう差出人詐称型ウィルスメールによる2次被害はこれだけではない。
ある意味、人間はまだ返信して事情の説明ができるだけいい方かもしれない。

それ以上に困るのが、最近、多くのプロバイダーが導入しているサーバーサイドでの迷惑メールフィルタ機能だ。

続きを読む "ウィルスメール2次被害ーPART 2"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ウィルスメール2次被害ーPART 1

私は元々、メールのトラフィックが多い。
そのためかKLEZのような差出人詐称型ウィルスの差出人として名前が使われていることも多いようだ。
(それだけ他人のOutlookのアドレス帳にアドレスが登録されていることも多いのだろう)。

困るのが、たまに憤りを抑えきれずにメールにぶちまけて送ってくる人がいるのだ。今日もそんなメールが一通あった。

(ちょっと昔の自分も含め)短気な人が、あのメールを受け取ったら、絶対に返信メールでやり返して、負の連鎖が始まってしまいそうな勢いだ。

どこかで状況を楽しんでいるウィルス作者のために、見ず知らずの誰かが喧嘩を始めて大切な時間とエネルギーを浪費するなんてまったくもってばかばかしいことだ。

続きを読む "ウィルスメール2次被害ーPART 1"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

drikinでマインドマップ講座

nobilogでもおなじみのblog、Driftkingdom(通称、ドリキン.com)で「マインドマップのススメ」というコーナー(連載?)が始まりました。

ちなみにWindows/UNIXマシンからMacにスイッチした人のための「Macの常識」というコーナーもあります

続きを読む "drikinでマインドマップ講座"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

暑い!

今日はかなり暑いですね。
既に何度か冷房のリモコンに手がのびかけています...

最近、1週間前後内での気温の高低差がかなり大きい気がします

Yahoo!天気情報

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドラマ「24」

テレビネタが続いてしまいますが、フジテレビで深夜放送中の米国ドラマ、「24」。

実はイギリスの友達からクリスマスプレゼントでDVD-BOXの前後編が送られてきたので(日本語版)、昨年末に(止まらず)最後まで一気に見ていました(この先、軽くネタばれ)

続きを読む "ドラマ「24」"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.04.11

99歳が織りなす西陣織は6000p

今日、ポイントが高かったもう1つのテレビ番組は「木村佳乃が時空探検!京都の美と匠 99歳の色彩魔術師

驚くポイントはいくつかあった。
スポンサーの非破壊検査(株)が、そこそこよくできたCMを(しかも、あれだけバリエーション豊富に)持っていたのもその1つ。まあ、これは本編と関係がないのでこのくらいでおいておくとして...

やはりなんといっても驚いたのは、表題にもある99歳でありながら驚くほど美しい西陣織を編み出す山口安次郎さん、その人。

続きを読む "99歳が織りなす西陣織は6000p"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「吉田兄弟 ニューヨーク三味線勝負」

昨日から寝込んでしまったおかげで、今日は珍しく早起き。
といっても体調もイマイチなのでダラダラとテレビ三昧。
とびきり楽しかった番組が2つもあったので再放送に備えてメモしておきます。

1つ目はNHKハイビジョンスペシャル、「吉田兄弟 ニューヨーク三味線勝負」。
津軽三味線で有名な日本の吉田兄弟が、ニューヨーク公園を行うまでの間、リチャード・ボナをはじめプロデューサーのビル・ラズウェルなど、さまざまなジャンルの一流ミュージシャンとの異文化交流を深めていくというもの。

続きを読む "「吉田兄弟 ニューヨーク三味線勝負」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.04.10

ポータブルDVDプレーヤーが人気!?

実家で突然、激しい嘔吐に見舞われ(こんなの久々だけれど苦しい。まるで大砲のような勢いで...)、
全予定キャンセルで夜11時まで実家で寝てしまった林です(腹が減ったが、怖くて食べれない)
寝過ぎたせいで目が覚めてしまいWebをあてもなく巡回中(仕事をすればいいのに...)...

楽天市場で男性30代の人気商品を見ていたら、7位にこんな商品を発見しました

続きを読む "ポータブルDVDプレーヤーが人気!?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

海外邦人注目の「エアボード」 発売中

昨日、友人を連れて銀座のソニービルへ行った。
目的はロケーションフリーテレビ「エアボード」

1月のConsumer Electronics Showで既に出展されていたが、その時は「新しくなったんだ」くらいで、それほど気に留めていなかった。

でも、2月頃、この友人とチャットをして改めて知らされた。
今度の「エアボード」はとてつもなくすごかった。

続きを読む "海外邦人注目の「エアボード」 発売中"

| | コメント (13) | トラックバック (2)

「六本木クロッシング」展 プライズ受賞者発表!本日最終日

「六本木クロッシング」展で、森美術館が行っていたプライズの受賞者が発表されました(昨日、同展の出口のところに掲載されていました)

MORI ART MUSEUMのどこかにも書いてあるようですが(見つけられませんでした)。受賞者は...

続きを読む "「六本木クロッシング」展 プライズ受賞者発表!本日最終日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.09

BIZ VISION 2004を見て、Apple Remote Desktopを思う

INTERNET WATCHにも記事が出ていますが、取材に行ってきました:

マーク・アンドリーセン氏が語る、“オートメーション”コンピューティング

今日はもう寝るので(@7AM)詳細は上の記事に譲りますが、マーク・アンドリーセン氏のOpsware社がNTTコミュニケーションズと提携しました。今後、NTTコミュニケーションズはOpswareの技術を使ったデータセンターサービス、Webアプリケーション運用のアウトソーシングサービスを発表する予定です。
 新サービスの強みは、イベント前後などの一時的アクセス集中に応じて、サーバーの台数を柔軟に増減できることやウィルスなどに早急に対処できること。そしてこれを実現している秘密が、サーバー運用技術の徹底した自動化ということでした。

続きを読む "BIZ VISION 2004を見て、Apple Remote Desktopを思う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テロリズムは常に理不尽

真っ先にエントリーしようと思っていたけれど、
ウィルス騒動とかで逃げていました。

でも、無視できない事件ですよね、邦人3人の誘拐。
テロと言うのは理不尽の塊ですね。

3人はよりにもよって自衛隊派遣に反対していた人達、その人達がよりにもよって自衛隊撤退を要求する人質にされるなんて(もちろん、自衛隊派遣賛成の人だったら人質にしていいというわけではもちろんありませんが)。

テロに屈してはいけない、という理論はわからないでもないけれど、政府高官は捕まっている人質が自分の身内でも、自衛隊撤退をしないのでしょうか?いや、しないかもしれない。でも、心の中ではどう思っているのでしょう。

続きを読む "テロリズムは常に理不尽"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Air Mac Extreme問題

さきほどのウィルス問題と違って、こちらの問題はJames Thomson氏にも確認済みです
これまでBLOGにエントリーしようと思っていてずっと機会を逃していたんですが(そういうネタが多すぎて困るけれど)、最近、たまにPowerBook G4 12インチが、AirMacネットワークに接続できなくなります。

続きを読む "Air Mac Extreme問題"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

DragThing 5.1がリリース

nobilog: DragThing 5.1 releasedとのクロス投稿です

TLA Systems社がDragThing 5.1をリリースしました。同社によれば、これは以下の変更を伴うメジャーアップデートです:

続きを読む "DragThing 5.1がリリース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[更新]新種のMacウィルス?(ではありませんでした)

nobilog: a new Mac virus!?とのクロス投稿です

****
以下のレポートは間違いでした
どうもMac OS Xのバグのようです。詳細は最後に...
****

まだ事実確認ができているわけではなく、十分な検証、確認も(時間がなくて)できていないので、あまり大きな騒ぎにしたくないのですが...

昨晩から私のPowerBookのデスクトップにいくつか下の図のようなガイコツのアイコンが表示され始めました:

調べてみるとアプリケーション用のGeneric Icon(Mac OSが標準で用意しているアイコン)がこのガイコツアイコンに切り替わってしまったようです

それに加えて...

続きを読む "[更新]新種のMacウィルス?(ではありませんでした)"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.04.08

ビル・アトキンソン来日講演

そういえばビル・アトキンソンが来日講演するんですよね。

[株式会社 帆風:VANFU]ビル・アトキンソン氏講演会お申し込みについて

Mac好きの方もそうですが、デジタルカメラとプリンターに満足できないプロの写真家の方、特に自然写真家の方にもお勧めしたい講演です

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.04.07

久々に気になるカーナビ

パイオニアのHD搭載カロッツェリア以来、気になるカーナビが登場した。
運転席から見たままの景色を3D表示してくれるというソニーのXYZシリーズだ。

ソニー、30GB HDD搭載の車載用AVナビシステム“XYZシリーズ”3機種を発表——パソコンの音楽や動画ファイルが持ち出せる!!

続きを読む "久々に気になるカーナビ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブロードバンド時代の黒電話

 NTTがフレッツサービスをべ−素にしたIPテレビ電話端末の開発に本腰を入れるようだ。ascii24の記事にイメージ図が掲載されている:

NTT東日本/西日本、フレッツサービス対応のIPテレビ電話端末を6月に提供——“ブロードバンド時代の黒電話”として

続きを読む "ブロードバンド時代の黒電話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.06

ショッキングなできごと

今、読んでいる本はハードカバーばかりで、乗り物の中で読める文庫本が欲しいと思って探していた

「お...、これは渋くていいかも」と思う本を発見

本棚の極めて目立たない場所にあるし、そんなにポピュラーな本じゃないし
「大丈夫だろう」と雑誌コーナーを回り、トイレに行って
本棚に戻ると、男が本棚の前を占拠していた

続きを読む "ショッキングなできごと"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Kate Spadeの本

TSUTAYA Roppongi Hillsでおもしろそうな3冊構成の本を見つけた。
Style:Always Gracious, Sometimes Irreverent
Manners: Always Gracious, Sometimes Irreverent
Occasions: Always Gracious, Sometimes Irreverent

よく見たら、筆者はなんとあのKate Spade
中に書いてある絵もかわいらしくてなんかいい感じで、それだけで欲しくなってしまいました(今日はちょっとショッキングなできごとがあって、買いそびれたけれど...その内、買う予定)

ちなみに「Styles」のTraditional vs ModernというページではTradがタイプライター、ModernがiMac(それも液晶の)が紹介されているのもほほえましい。KateってMacユーザーなんですかね?

続きを読む "Kate Spadeの本"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.05

déjà vu@Microsoft

今回のMicrosoftとSun Microsystemsの和解はなんだかいろんな意味で'97年のアップルとMSの戦略的提携を思い出させますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.04.03

デスクトップを白バックに

雑誌などの記事ではデスクトップの背景を白にしなければならないことがある。
この間、iChatでこんなことを話していたらdrikinさんが、
こんなソフトを見つけてくれました:

Mac関連のライター、編集者には非常に便利かも...

続きを読む "デスクトップを白バックに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.02

SNSはパソ通へ回帰する!?

mixiにコミュニティー機能が追加されました

orkutのコミュニティーは英語のコミュニティーは英語のコミュニティーでそれなりに盛り上がっていたし、ローマ字コミュニティーには'80年代中頃、パソコン通信黎明期を思わせる怪しい楽しさがありました。

GREEのグループ機能につつづき、mixiにもコミュニティー機能が追加されたことで、日本のSNSユーザーの間でもこの楽しみが一気に広がりそうです

パソコン通信時代に例えればSNSも一気に1200bpsモデム×16ビットパソコン全盛期時代に進化したということでしょうか?(といっても、この比喩がわかる人は少数派?)

続きを読む "SNSはパソ通へ回帰する!?"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

謎のMr.Johnson

香港のとある会社の重役、Mr.Johnsonからメールが送られてきた。
「4月の2日から9日までは会社をあけます、緊急の用の方は秘書のXXまでに(秘書の電話番号)」

タイトルは送った覚えのないメールへの返信形式になっている。

いったい何が起きたのか?

続きを読む "謎のMr.Johnson"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

1176.5点

一部で流行している「バットでペンギン」に私も挑戦。
初挑戦でこのスコアはもしかしてすごい?(ビギナーズラック?)

penguin.jpg

仕事がもう1段落したら、もっと飛ぶと言う本家にも挑戦してみます


一部:

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2004.04.01

そして今年もエイプリルフールが終わった...

昔はエイプリルフールを楽しみにしていたのに...
最近はろくに人をだますこともなく過ぎてしまう...

焦りばかり大きく、あわてて「嘘」エントリーを入れたが、後から読み返すまでもなく「自分的にもイマイチ」
でも、今日のカレーの会で決めた。
私もモダシンさんの泥酔BLOGを見習って、deleteキーを押さないBLOG書きを目指そう(笑)

帰り道、「iPod mimi(耳)」という、イヤリング型オーディオプレーヤーというジョークもよかったな、と思いつく。
耳の写真の上に、小型のiPod miniをレタッチして重ねるのだ

でも、時既に遅し、帰宅したらApril Foolも残りあと10分!

4/1前って案外忙しく、落ち着いてジョークネタを用意する心のゆとりがない

ぜひ、来年からApril Foolは4月第1月曜日に変えて欲しい...

| | コメント (2) | トラックバック (13)

AppleStore、新型PowerBookを先行展示

AppleStoreが新型PowerBookを先行展示しているみたいです...

というのはもちろん

せっかくのエイプリルフールなので、何か嘘を書かないとと思ってはみたものの、
仕事も詰まっているので、こんな嘘しか思いつかない自分が情けない(笑)
約1名は焦っているはず

本当は「もっと読む」をクリックして初めて嘘だとわかるようにしたかったのですが、
RSSとかで読んでいる人もいるかと思って、一応、早めに書いておきました

でも、ネット検索しててでてきたことが必ずしも「真実」ではないと思い出させるためにも、
たまには意図的に「嘘」を書くのもありかも!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »