« ANAもSNS参入 | トップページ | Harrison's Flowers »

2004.04.20

ソニー社長、「iTunesにはやられた」

この間、drikin.comに聞いて気になっていたASAHIパソコンを昨晩購入した。
目当ては「ソニー復活に秘められたシナリオ」という特集でなかなかよくできた特集だった。

これまで私自身、雑誌や(アスキー系、アスペクト系)ムックなどで、ソニーはWalkmanをつくったまではよかったが、デジタル時代になってからは完全に乗り遅れた。著作権保護にばかり配慮して、ユーザーに配慮しなかった、と批判してきた。書きながら心配だったのは、ソニーがそのことを理解していて改善できるのか、ということだった。

この記事を読んで少し、安心すると共に、ちょっと今後の展開への期待が膨らんだ。

冒頭のインタビューの中で、安藤国威社長は、ジョブズが自らの信念を実証したとして、その行動力に賛辞を贈る一方で、「iTunesには『やられた』だが、(ソニーはまだ)『追いつける』」と語っている。

それに続くページでも、野副上席常務という人が、ソニーの失敗をおもしろい比喩で表現している。

ソニーはナップスターが制限速度50キロの道路を120キロでぶっとばすのを横目で見ながら制限速度の50キロで走っていた、というもの。iTunesは制限速度を超えていたが、まわりも皆その速度で走っていたから問題がなかった、としている。

この比喩には同意し難い。あえて同じ比喩を使わせてもらうなら、ソニーは最低速度50Kmの高速道路を、環境に配慮しすぎるあまり自転車で走っていた。一方、アップルはエコ自動車に乗って制限速度を守っていた、というのが私の認識だ。
 野副の比喩は巧みに、アップルとかつてのナプスターなどの違法行為をイメージ的に結びつけようとしているが、アップルは違法コピーを奨励するどころか、これにはちゃんと正面から反対している。

 ただし、ユーザーを最初から悪者と決めつけて疑ってかかるのではなく信頼する道を選んだ(別の言い方をすれば、悪意のあるユーザーにあわせて、善良なユーザーまで不便を強いられるのを避けた、とも言える)。
 つまり、ハッカーとの下手ないたちごっこをするのではなく、悪意のない人が誤ってコピーしてしまうような事故を防ぐ機能はしっかり用意したが、(犯罪者になる「自己責任」と覚悟で)あきらかな悪意を持って違法コピーすることまではあえて防がなかった。

 今はそうでなくても、コンテンツの著作権だけに必要以上に配慮する傾向が強まり、これとデジタル技術が強力なタッグを組んで、世の中がどんどん不便になろうとしている。

 このままユーザーを信頼しないモデルが当たり前になったら...図書館はなくなり、本屋さんからも立ち読みできる本がなくなり、録画したテレビ番組は自宅のテレビでしか再生できなくなり...

関係ないが同雑誌の携帯音楽プレーヤー、TOP 5のうち
1、2、4位をiPodが占めていた。iPodが5モデル以上あったらどうなっていたのだろう?

4月 20, 2004 copy-right or wrong!? |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/467558

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー社長、「iTunesにはやられた」:

» ソニー社長、「iTunesにはやられた」 トラックバック BananaBlog
いつも興味深く拝見させていただいているライターの林信行さんのblogエントリー記事が面白かったので紹介。 ASAHIパソコンの特集記事『「ソニー復活」秘められた... [続きを読む]

受信: 2004/04/21 1:33:30

» ソニー社長、「iTunesにはやられた」 トラックバック OTO-NETA
ソニー社長、「iTunesにはやられた」(nobilog2) ASAHIパソコンの特集でそんな記事があったそうです。 冒頭のインタビューの中で、安藤国威社長は、... [続きを読む]

受信: 2004/04/21 2:53:17

» 音楽関係 トラックバック Fragments
林さんのblogより。「ソニー社長、「iTunesにはやられた」」 佐藤剛さんインタビュー... [続きを読む]

受信: 2004/04/21 14:47:07

» 「iTunesにはやられた」 と言ってはみたものの トラックバック Net::iPod qw(LEGO) Σ(・ω・; |||
まさかエニミュージックがその答えって訳ではないよねぇ. ソニー社長、「iTu [続きを読む]

受信: 2004/04/22 17:52:38

» 著作権保護・コピー防止・これからの音楽業界 トラックバック ポータブル・オーディオ BLOG
[続きを読む]

受信: 2004/04/25 14:57:03

» iPod にやられたのではなく、ちゃんとやってなかっただけなのでは? トラックバック ogaoga's blog
nobilog2: ソニー社長、「iTunesにはやられた」 う〓ん、鋭い視点!アップルはエコ自動車とは。 面倒なことしてまで違法コピーするぐらいなら、超簡単に... [続きを読む]

受信: 2004/05/11 11:14:29

» ソニー社長、「iTunesにはやられた」 トラックバック Computer U Relax
・nobilog2: ソニー社長、「iTunesにはやられた」 やられたっていうか、やられっぱなしっていうか、SONYというブランドにおんぶにだった子になりすぎ... [続きを読む]

受信: 2004/06/16 11:05:23

コメント

ソニーのAny Musicは5月20日スタートというニュースが出ていましたね。1曲158円。日本のiTMSへの楽曲提供は難しくなる気がします。
iTMSのRSSを購読していると気になるタイトルがいっぱいあるので、洋楽だけでも日本で始めてほしいです。
洋楽といえば、レコード輸入権問題も深刻です。Amazon.comでは買えるのに、Amazon.co.jpでは品切れになっているタイトルが増えているように感じます。著作権者にとっては、どっちで売れてもいいハズ。

投稿: iida | 2004.04.21 12:02

洋楽の輸入盤の品切れは、amazon.co.jpの問題だな。還流とは関係ないから。レコード協会の圧力か?

投稿: Kiyotaka | 2004.04.21 16:45

もう輸入盤の規制が始まっていて、Amazonが影響を受けているように受け取れる書き方になっていました。すみません。
でも将来は心配ですね・・・。「Amazon 輸入盤規制」で検索すると、いろいろ出てくるのでご参考に。

投稿: iida | 2004.04.21 20:52

例の還流での輸入版問題って、邦楽盤の逆輸入に対する問題だと認識しているんだけど。日本のレコード会社が邦楽アーティストの権利(というなの利益)を守る話だったはずなのに、洋楽のライセンス盤まで話が及ぶと事情はだいぶ変わってしまう。下手すると韓国盤の輸入にも影響が出るのか?? それはマズイなぁ。

投稿: Kiyotaka | 2004.04.22 06:04

この記事を見てASAHIパソコンが読みたくなりました。
いまや本とwebは車の両輪なのですね。
CDとmp3もそういう関係になれればよいのでは。

投稿: crouton | 2004.04.24 09:41

ソニーのパソコンを買おうと思っているのですが、
他のサイトでもあまりいいこと書いていないので
心配しています。
ソニーはダメということでしょうか。

投稿: パソコン | 2006.05.07 13:42

個々の製品そのものはそんなに悪いとは思いませんが、
問題があるとしたら、その戦略だと思います。

投稿: nobi | 2006.05.07 16:41

コメントを書く