« Mac OS X、今度はTiger | トップページ | 野球ベースに広告[撤回へ] »

2004.05.07

Bush in 30 Seconds

映画、「Fahrenheit 9/11」の米国公開が、ディズニーの圧力でダメになったらしい。そのニュースを追って、同映画の監督、マイケル・ムーアの公式ホームページ、Michael Moore.comを見ていたのだが、そこで、おもしろいWebサイトの情報を発見した。

サイトの名前は「Bush in 30 Seconds」。

ブッシュ政権に対する意見を30秒の広告という形で述べるコンテストをやっていたようで、現在は優秀作品を一覧している(30ドルのDVDも発売中、ただし、現在は品切れ中)。

個人的なお勧めは、嘘発見機を使ったこの作品、それからもし親がブッシュのような態度を取ったらというこちらの作品、アメリカが現実を直視せずになかなか目覚めないというこの作品もいいなぁ... 軽快なラテンのリズムとMacを使ったこちらの作品もなかなか...

ちなみにファイナリストの作品はこのページに一覧できる形で掲載されています:
http://www.bushin30seconds.org/finalists.shtml

そうそう、ディズニーは、ブッシュ大統領弟のフロリダ州知事(ジェブ・ブッシュ)に税制優遇措置を受けているそうです。フロリダ州と言えば、大統領選投票の再集計が懐かしい。あのフロリダ州の投票用紙のヒューマンインターフェースがいかに悪いかについては元アップル社のBruce 'Tog' Tognazzini氏が詳しく書いています

悪いことばかりが取り沙汰されるブッシュ政権だけれど、子供の教育はともかく、大人のブラックユーモアを研ぎすまさせるにいたっては人一倍貢献した大統領だろう(Googleで探しても上位にこんなサイトがランクインしているし...)


冒頭の写真はRich GarellaとAdam Feinsteinによる作品、「POLYGRAPH」の1シーン@Bush in 30 Seconds)

5月 7, 2004 おすすめサイト |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/552523

この記事へのトラックバック一覧です: Bush in 30 Seconds:

» さすがデ○ズニー。 トラックバック salvageship
というかさすが資本主義とでも言うべきか。 nobilog2: Bush in 30 Seconds 映画、「Fahrenheit 9/11」の米国公開が、ディズ... [続きを読む]

受信: 2004/05/07 10:46:46

コメント

ウイナーに選ばれた"CHILD'S PAY"は、MoveOnという団体が今年のSuper Bowlに於けるCMとして放映を希望した所、CBSに断られたという代物ですね。
http://www.moveon.org/cbs/ad/

このような作品が多くの人の目に触れ、見た人が各自考える機会を持つ事は良いと思うのですが...

投稿: cozy | 2004.05.08 01:35

こういうのってやっぱり日本でもダメなんでしょうかね、放送?
でも、コンテストだけでもやってみると面白いかも。

投稿: nobi | 2004.05.08 13:31

楽しく見せて頂きました。
こういうラディカルなマインドに触れると、まだアメリカもいけるかもしれないと一筋の希望がみえます。お間抜けなのはトップのひとつかみだけかななんて。でも事あるごとにかいま見られるナショナリズムはやはり脅威です。単一民族でないのに。やはり革新性は圧倒的なマイノリティなんでしょうか米国では。

投稿: MIU | 2004.05.08 16:45

先日ニュース番組で、ブッシュがYale大学時代に所属していたという秘密結社「Skull And Bones」を紹介していました。Webでいろいろと調べてみると、けっこうおっかない組織だなと思いました。ブッシュのまわりには胡散臭い話が多いですねー。

投稿: kato | 2004.05.08 22:17

「Skull and Bones」は確かに怪しいね。困るのが今度の大統領候補はG.W.ブッシュだけでなく、ケリーもここの元メンバーということ...
検索していたら、こちらに詳細な記事がありました:
http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/
「米牛耳るエール大 秘密クラブ「スカル&ボーンズ」という記事。

関係ないけれど、今、BS1で「アメリカ大統領が愛した映画」という番組がやっていました。途中から見たんだけれど、クリントンとかはホワイトハウス批判の映画(なんだったかは聞き漏らした)の映画も絶賛しながらホワイトハウスで見ていたらしい。イラクのフセイン大統領は(誰にだか聞き漏らしたけれど)ブラックホークダウンを気に入っていたらしい。G.W.ブッシュは就任直後に見たのは「陰謀のセオリー」。

父ブッシュが好きなのは、西部劇とアクション。
クリントンは「American Beauty」とかのキワドイ作品が好き!?(そういえばケビン・スペイシーとは仲がいいみたい!?)、一方、ヒラリーのお気に入りは「陽のあたる教室」。

一方のWブッシュは「プライベートライアン」でも、実はAustin PowersのDr.Evilが好きだと言ってひんしゅくを買ったこともあるとか... 現ファーストレディーのお気に入りは「Shreck」と「グリーンデスティニー」

クリントンとWブッシュのどちらも気に入っているのが「Field of Dreams」とか...

それにしても印象に残ったのが、レーガンと父ブッシュが争った大統領予備選挙のエピソード。
1対1の討論会になるとブッシュが不利、ということで、ブッシュはそれを気にしていた。
レーガンが「お互いの考えを皆の前で明らかにすべきだ」というとブッシュを応援するエンジニアがレーガンのマイクの音声を切ってしまったらしく、レーガンはここで「私はこのマイクにも金を払っているんだ」と昔の映画のセリフを引用したらしい。

投稿: nobi | 2004.05.09 02:27

コメントを書く