« 「premini(プレミニ)」発表 | トップページ | アトキンソン、もう1晩だけ講演 »

2004.05.13

ビル・アトキンソン講演:私の人生とMacintosh

今日はMr.Macintoshと呼ばれたMac初代開発チームの中心人物、ビル・アトキンソン氏の写真集の発刊とMac20周年を記念した特別講演会、「私の人生とMacintosh」が開かれた。

bill.jpg

この写真集は、石の中の世界のデリケートな表情を、アトキンソンの開発したカラーマネージメントシステムと帆風が協力したことで出版にこぎつけた。iPod miniは米国先行発売だったが、この写真集は日本で米国よりも数ヶ月先行して発売されることになる(笑)。

講演ではタイトル通り、Macが誕生するまでの、アップル社の試行錯誤をアトキンソン自身が撮影した十数枚のポラロイド写真付きで紹介してくれた。なんで、こんなポラロイド写真があるかというと、まだLisaやMacで動くプリンターがなかったため、画面の状態をいちいちカメラで撮影していたようだ(笑)。ついつい調子に乗ってシャッターを切っていたら1GBのマイクロドライブがいっぱいになってしまった。

softkey.jpg

まだ、仕事が危機的状況を脱していないので今日はダイジェストだけだが、講演中も講演の後も、いろいろとおもしろい話が聞けた。その内容はここnobilog2や来週更新のApple's Eyeで紹介できればと思っている。

ちなみにこちらの写真でビルと(ちょっと怪しく)抱き合っているのは、ZiZiやSee The SkyといったHyperCard絵本でおなじみの山本徹さん

thoru.jpg

Pickle's Bookではライナーノーツを書かせていただいたことがあるが、今晩は久々の再開となった。

 General Magic社が大々的にデビューした時、同社でビルとアンディーに会い、山本さんのメッセージを伝えたことがある。その時、ビルが「娘ともどもThoruの大ファンだ」と言って写真を見せてくれたのを今でも思い出す(General MagicがまだRambus社の上のフロアにあった時代だ)。

 その山本さんとビルは何度かメールのやりとりはあったようだが、実は顔をあわせたのは今回のビルの来日が初めて(もっとも、今晩ではなく、先週、会われたようです)。ZiZiとかが最初に登場してから既に干支がひとまわりしてしまっているが、お互い讃え合い抱き合っている姿はなかなか見ている方にも感動が伝わってきました。

 ちなみにビルはThoruさんの写真集には「to my Hero, Thoru」とサインをしていた(笑)ーー私は普通に名前だけでサインしてもらいました。

そういえば、今晩、最初からサイン中までずっと通訳として活躍された平賀さんも、日本のMac業界を盛り上げていこうと長い間、精力的に活躍されてきた方だが、最近、めっきり会う機会がへり今晩、久々の再開を果たせた。
ビルも平賀さんも本当に、気遣いがあって、夜の10時過ぎまで晩ご飯も食べずに1人1人の方と言葉を交わしていた。

山本徹さんが帰りの電車で、Macの使いやすいインターフェースには、あのビルの人柄の良さも現れているのかもしれない、といわれて妙に納得してしまった。

5月 13, 2004 Mac |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/584371

この記事へのトラックバック一覧です: ビル・アトキンソン講演:私の人生とMacintosh:

» ビル・アトキンソン講演:私の人生とMacintosh トラックバック Dr.G の研究室
12日のビル・アトキンソンの講演には残念ながら行けませんでしたが、blog やネットニュースでその様子が紹介されています。 ⇒ nobilog2 ⇒ c|net... [続きを読む]

受信: 2004/05/14 9:15:38

コメント

残念ながらいけませんでしたが、とても素晴らしいイベントだったようですね。行間から雰囲気が伝わってきます。

投稿: maskin | 2004.05.13 09:15

すばらしい!

投稿: よー | 2004.05.13 15:44

明日は大阪! 楽しみです!!

投稿: crouton | 2004.05.13 21:56

まことにハートフルなひとときでした。開発の興味深い資料やらお話とか彼のアーティストとしてのすばらしい作品集とかいろいろかんじることはあったのですが、ただもう彼の人を思いやる人柄に全て集約されちゃうって感じでした。彼はまわりをハッピーにしてくれるし、今回はなんか物を作ることやいろいろな勇気を貰った気がします。

投稿: thoru | 2004.05.13 21:58

はじめまして。
このサイトを拝見して、あわてて参加を申し込みました。しっかりと写真集などにサインをして戴きました。
 Mac が、益々好きになり、以前より Mac OS が身近に感じられます。
(iPod mini の抽選に当たらなかったのが、残念でしたが ... (^_^;)

投稿: kunitaka | 2004.05.13 22:03

ばじー家のイエノモノです。
Nobi樣、名刺が無くて失礼いたしました。アトキンソン先生にも名刺が渡せなくて大失態です。緊張し過ぎで名刺ケースを鞄に移しわすれるなんて、社会人として……(涙)。
しかしトッテモ楽しく充実した講演会でした。写真家になっても、ビル アトキンソン氏はビル アトキンソン氏だった!
さらに娘さんのローラさんの詩の『BEYOND THE STONE』にうるうるきてしまいました。
山本さんの仰るように、いろいろ勇気をもらって帰ってきた気がします。

投稿: seeds | 2004.05.13 22:48

kunitakaさん、お役に立ててうれしいです(笑)
例のiPod miniは米国でも品薄が続いているため、向上から直接取りよせたという裏話を聞きました。

seedsさん、おもしろい話をどうもでした。「BEYOND THE STONE」はよかったですね

投稿: nobi | 2004.05.14 10:49

こんにちは。先日はありがとうございました。アトキンソン氏にお会いできた喜びに加え、この業界に入る前から文章を読ませていただいている林さんにもお会いできて嬉しさ倍増でした。いつかお仕事ご一緒させていただけるようにがんばります。ではでは。

投稿: スガワラケン | 2004.05.16 00:02

コメントを書く