« イベントの秋 II | トップページ | 変遷期のさなかのハイビジョンパネル選び1〜オンスクリーン文字のひどさに幻滅の巻〜 »

2004.10.12

GoodsPress最新号にアップルの記事

と言っても実は自分で書いていたりします。

久々に一般誌に記事を書きました。GoodsPress16周年記念号の11月号。
デジタルBS系のテレビ番組やインプレスのDESKTOPでも一緒に仕事をさせていただいている尊敬する渋谷康人さんの古巣です。

特集は「やっぱり時計が気になる」で、もちろん、渋谷さんも書いています。
「腕時計100年の歴史」を振り返る記事もなかなかおもしろい。

私は残念ながら時計はさっぱり。邪道なのかもしれないけれど、ファッションブランド系やジュエラー系のシンプル&トラッド系の時計が好き(あるいは正反対で超モダンデザインも好き)。今年の新作だとヴァン・クリフ&アーペルの新作(紳士用)が結構好きだったな(名前思え出せない)。特集で紹介されていた時計ではA. Lange & Söhneのランゲ1が好きだな。どちらにしても買えないけれど。

さて、このGoods Pressで私が書いているのはiPodやApple Storeでアップルが元気を取り戻してきた、という記事(P.19)。

ついでに、やっぱり録画はEPG録画でしょう、という私の書斎のプライベートハイビジョンホームシアターの録画環境を紹介しています(P.152)。腕時計の歴史に比べるとずっと短いけれど、この数年間の私のデジタル録画環境の変遷を書きました。
VAIO type Xの紹介やデジタルハイビジョン録画対応PCなども紹介しています。

興味のある人はみてみてください

10月 12, 2004 日記, 書籍・雑誌 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/1659349

この記事へのトラックバック一覧です: GoodsPress最新号にアップルの記事:

コメント

コメントを書く