« アート・ミーツ・メディア:初台行くなら3人組で | トップページ | オススメです、TOKYO ART BEAT! »

2005.02.06

シャラポワ効果

マリア・シャラポワ人気のおかげかTBSが東レ・パン・パシフィックを結構、たっぷりめに放送してくれた。
CMに変わるところでいちいち「ロシアの妖精(だったかな?)」とかいって、シャラポワがほほえむ映像が入ったりとか、そういった番組のつくりこみもすごかったけれど、試合の方もすごかった。

観たのは第3セットだけだけれど、タイブレークまでの緊張もすごかったし、タイブレークに入ってからもすごい。
チャンピオンシップポイント4つを取ってから、なかなか勝負が決まらなかったけれど、その分、最後の決め方がすごかった。いやー、テニスって観ていて疲れる。

しかし、ちょっと、いじわるな見方をしちゃうと、これでシャラポワが勝ったからよかったけれど、もし、ダベンポートが勝っていたどうやって番組をまとめたのか気になってしまう。やはり、いつぞやのテレビ朝日のマラソンみたいになっていたのだろうか。
優勝が決まった瞬間、ダベンポートがほぼ完璧に画面に出てこなくなったし、やはりそうなのだろうか。
決められた放送時間ぎりぎりいっぱいまで、できるだけ人気選手を露出したいというのは、番組制作スタッフの、「そうやってテニス人気をもりあげていきたい」という気持ちがなせるわざか?単なる視聴率稼ぎか?

それにしても、かわいいというならCMにしか出てこなかったハンチュコワの方がかわいい気がしてならない。松岡修三も言っていたけれど、シャラポワはもっとアグレッシブな勝負師という感じ(その点ではダベンポート似!?)

でも、このシャラポワ人気でもうちょっとテニス放送が増えるならそれもそれでいいのかも
家はGAORAとWOWOWに入っているので、あまり関係ないけれど...

2月 6, 2005 スポーツ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/2824617

この記事へのトラックバック一覧です: シャラポワ効果:

コメント

私も見てました。あの試合。
妖精・・じゃないですよね?あのハングリー精神。
普通の精神力じゃないですよ。ぞっとしました。

投稿: ヤマモト@gracenote | 2005.02.07 22:40

あ、どうもです。
準決勝も見てました?
うれしいのは浅越もメンタル強そうですよね。オリンピック選手にしても最近の日本の若手選手、驚くくらいメンタル面が強くなっていますよね。

投稿: nobi | 2005.02.08 01:00

私も見ました。
いつもPSXで番組予約する時にシャラポアをキーワードにしています。^^;
番組表にシャラポアの文字を見つけて『おっ!』っと思って予約しようと思うとwowowだったりして見れない事がしばしば…。^^;

今回の試合放送はシャラポア寄りでしたね。
ダベンポートは余裕で試合している様に思えたのは私だけかしら…。(笑)

シャラポアは気分屋で突き放されるとテンションが低くなるとか…。
それを上手い具合にダベンポートは引っ張っていった感じすらある。
まるで、勉強嫌いな生徒に教える先生の様に…。

若いシャラポアが勝つ事で、これからの若い世代がテニスに憧れや希望を持って欲しいと言う業界の思惑が見え隠れしないでも無い様な…。^^;

妖精?あのアグレッシブな気合いは野獣かも…。(失礼)f^^;

投稿: よー | 2005.02.08 06:45

コメントを書く