« 携帯電話の時刻合わせ | トップページ | エンゲル係数の高い3日間 »

2005.08.25

アメリカの方が純米酒が多い!?

今朝は海外の友人、Stephan(昨晩と同じ)と築地場外市場に...
昨晩、チャットでその計画を立てていたところ、サンフランシスコ在住の某友人のiChatステータスにStephanが泊まっている東京のホテル名が...
聞いたところ、六本木ヒルズである国際会議に呼ばれて一時帰国中とのこと。
急遽、築地にめちゃくちゃ詳しい彼も参加することに。

朝5時にいきなり初顔合わせで一緒にタクシーで築地へ向かう2人、しかも、台風の朝に...
もっとも、先月その「築地エキスパート」を、アメリカのスタンフォード大学に行く友人に紹介したところ、その場で居候することが決まったくらいなので、世の中、なんでもアリなのかも(笑)

さて、そのStephan(実はジャーナリスト時代、ZDNetにコンピューター系の記事を書いているだけでなく、カリフォルニアで飲める日本酒、なんていう記事も書いていたらしい...
そこで「築地エキスパート」と再び意気投合。

そこでタイトルの話題だけれど

日本だと本当に米からつくられている純米酒は実は結構少ない。
その点、実はアメリカとかでつくられている酒の方が酒税とかの関係で純米酒が多いらしい。

おまけに酒蔵とかによっては、日本から教えてもらった伝統的製法を、そのまま一切変えずに十数年とか守り続けていたり、その間に日本の方は製法が変わっていたりとか...
そんなこんなで実はアメリカの酒の方がおいしくなっているケースもあるとか...

同様のことは豆腐でもあるようです、というお話でした。

ITの世界では革新は大事ですが、食べ物とか飲み物の世界では、逆に革新ってもののよさをダメにしてしまうのかもしれませんね。

今日は午後に4つほどミーティングがあって、その後、銀座でメーカー系の友人達と日本酒の会です

mixiから来た人はこちらのリンクで戻れます

8月 25, 2005 旅行・地域 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/5627345

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの方が純米酒が多い!?:

» 東洋人と西洋人は庭の見方が異なる…の? トラックバック Staff Room -エクステリア明日香-
Hot Wired Japanの「研究報告「東洋人と西洋人は世界の見方が異なる」 [続きを読む]

受信: 2005/08/26 15:52:24

コメント

かつて純米酒が少なかったのは酒税の他に大手では生産性の問題もあったんじゃないかなまた以前は規定で精米歩合が70%以下という要件を満たさないとならなかったという側面もあるよ(これがコストの問題につながる)。

平成16年から酒税法が変わって精米歩合は70%以上でもOKになったけど、新たに麹の最低使用率は15%以上、原料米は三等以上を使用しなければいけないという規定が定められてます。

なので、米と米麹と水を使えば純米酒になるというわけじゃないよ……日本的な基準で言えば。

投稿: Kiyotaka | 2005.08.25 11:07

三倍増醸酒がはびこっていたせいもありますね。
まぁもともと戦後の米不足がまねいたことでもありますから。

投稿: H.Y. | 2005.08.25 13:44

確かに、アメリカの日本酒は純米酒の割合が多いと思います。私自身は純米酒以外見たことがありません。

でも、旨いかどうかは別ですよ。日本の旨い酒とは比べるべくもないし、かといって不味いかというと、甘ったるいだけのまずい酒と比べたらずっと素直ないい味。

私の知人もそうでしたが、アメリカの日本酒の消費者には一般に、純米じゃない=質が劣る、すなわち純米=旨い、という思い込みがあるように思います。アルコール添加は、江戸時代、発酵を調整して純米の状態よりも品質を上げるため、わざわざ高価な蒸留酒を加えるところから始まっています。アルコールが安く製造できるようになって、その手法は安い酒を造る目的にも使われました。純米でもうまくない酒はいくらでもあるし、アルコール添加の偉大な酒もあります。

かつて日本でワインがブランドで飲まれていたように、まだ自分で判断した味や香りというよりは頭で飲んでいる感じ。実は、目隠ししたら、アルコール添加の華やかなやつの方が人気だったりしそうな気がします。

ま、でも、日本酒に興味を持っている人がちょっとずつ増えているように見えるのはとても良いこと。最近 SF に日本酒専門店ができました。

投稿: きだ | 2005.08.25 15:45

結局好みの問題になるんでしょうね。

純米酒と吟醸酒のどちらかが旨いかだって人それぞれ。じゃあ一応その上のクラスということになっている純米大吟醸が一番いいかと言えば、それも人それぞれ。きださんの言うように純米酒でもダメなものもあるし、アルコール添加でも意外と美味しいものもあるもんなぁ。

ところで米国産の純米酒は原料米には何を使っているんだろう? 日本のように原料米の種類を表記してないかもしれないけど……ちょっと知りたかった。

投稿: Kiyotaka | 2005.08.25 17:10

でも Stephan さんが旨い、と言っておられるのはどこでしょう。

米国産の酒で私の知っているのは、ナパの生一本、白山酒造、それからオレゴンの桃川か。両方とも確か日本に関連会社があります。後は、誰でも知っている松竹梅とか大関とかの現地生産。この中で一番旨いのは桃川かな。でも実は有名ではないけれど知る人ぞ知る蔵があるのかもしれません。

日本酒大好きなので、興味ありあり。こちらでうまい酒が手に入るなら嬉しい。

米は、今手元にある白山酒造の物には、サクラメントバレーの単粒種、としか書いてありません。酒米や麹は風味に影響大きいと思いますが、これらを気にする消費者が増えるのは、これからでしょう。

投稿: きだ | 2005.08.25 20:13

Stephanに今朝鮨文のカウンターで聞いた所によると、彼が一番いいと思っているのは桃川でした。

もう一つすばらしい酒があったらしいが、そこは、社長がアントレプレナーで3年ほどやったら経営に飽きたので長続きしなかったそうです。

あと、organic米をつかった酒があるので、飲んでみろって言っていました。

投稿: hitoshi | 2005.08.25 23:58

すみません。あまり詳しくないのに、話しを聞いていておもしろかったので、ついメモのつもりで書き込みました。
外村さんが実際にいいたかったのは添加物を使っているかとかの話しのようです。
きっと、アメリカに帰って落ち着いたら、ここ(↓)に詳しく書いてくれると思います

投稿: nobi | 2005.08.27 05:42

コメントを書く