« 羽ばたけ日本のアーティスト | トップページ | Goodbye MD, seriously. »

2005.11.27

irvierはターゲットを間違っている(かも?)

iPodに対抗して安価かつカラフルな音楽プレーヤーを次々と発売するiriver社。
Apple Storeもある渋谷にも、目立たない通りにひっそりと直販ショップを構えているのはいいのですが、最近、同社はターゲットを変えた方が成功するんじゃないかと思い始めています。

実際に使ったことはないので、ちゃんと評価はできませんが、最近、「T30」か「T10」をICレコーダー代わりに購入しようかと思っています。
理由は単純で、他のICレコーダーはどれもオーバースペックで価格が高過ぎだから。

今、よく調べてみると、1万2000円くらいの製品もあるみたいですが、実際に量販店とかのICレコーダーコーナーにいくと、製品の価格帯は2〜3万円台が中心。

ローコスト製品では利益が生み出せないのか、やたらと高音質をうたった高音質機が中心で、あまり価格競争がないのが現状。モーリー・ロバートソンさんが「普通のICレコーダーでも、十分過ぎるほど高音質なラジオ番組がつくれる」と言っていたけれど、確かに音質がよく、臨場感もとてもある。
 ただ、それって会議とかインタビューの録音やボイスメモにはかなりオーバースペック気味。それよりはもうちょっと音質を落としても記憶容量が大きくて、もう少し手頃な製品が欲しいところ。
 そうやって考えるとボイスレコーダーとしてのiriverはなかなか良さそうです。

 もっともホームページで「アイリバーが誇る多彩な機能の一つに、優れたボイスレコーディング機能があります。」と唱っている割には、ボイスレコーダー機能の音声フォーマットや録音可能時間(バッテリー駆動時間)といった情報が一切ないのが不安だけれど...

 iPod用のマイクも持っているけれど、最近、なんだかiPodはごちゃごちゃいろいろつけたり外したりするよりも、純粋なプレイヤーとして使った方が潔いし気持ちもいい。
 代わりに手頃なICレコーダーとしてならIriverもありかも、と思っています。

11月 27, 2005 iPod |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/7346331

この記事へのトラックバック一覧です: irvierはターゲットを間違っている(かも?):

コメント

テレビのニュース番組で、ときどき囲み取材の映像がありますが、いろんなボイスレコーダーが映るのを面白く見ています。以前はCLIEやPocket PCが映ることがありましたが、最近は携帯電話が突き出されていることがあります。そのうちオーディオプレーヤーが映るかもしれませんね:-)

投稿: iida | 2005.11.29 17:31

一概にターゲットを間違っているとは言えないよ。
iriverの韓国ReignCom社に限らず、iAUDIOの韓国COWON社やサムスン(Yeppブランド)など、韓国系のMP3プレーヤーはワールドワイドで製品を提供しているけど、その主力は韓国内と中国を含めたアジア各国だもん。

特にiPodがほとんど売れず、iTMSも進出してない韓国や中国マーケットでは、十分ビジネスとして成り立っている。米国・欧州・日本で考えると、iPod+iTMSなんだけど、携帯のような人口カバー率でいえば、彼らなりのターゲットやビジネスモデルがあると思う。

韓国はスマートフォンや3G端末の普及率が高く、ブロードバンドサービスも世界的に見ても進んでいるので、日本や米国的な考えとは、かなり違うのがその差かも。

まぁ、それでも日本で韓国やアジア圏と同じビジネスモデルを展開するのは疑問だけどね。

投稿: Kiyotaka | 2005.12.01 06:06

コメントを書く