« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.31

テレビ局のWebページ、一番人気はNHKの海外ドラマ公式ページ!?

日経BP.jpがネットレイティングス社の調査を報じたところによると、「テレビ局Webサイトの訪問率トップはNHK」だそうです。

では、そのNHKで、どんなページが人気があるかというと、女性には「チャングムの誓い」や「デスパレートな妻たち」といった海外ドラマのホームページ。そして男性にはニュースだそうです。

今日、「NHKオンラインのアンケート調査結果」が公表されました。
意見を求められたので一筆書かせてもらったんですが、これが2ページ目に載っています(一筆書いたの私だけだったんですね...汗)
NHKオンライン アンケートから

我が家でも、テレビ局のWebページで、利用率が一番高いのはnhk.or.jpで、まさにアンケートの通りの利用状況です(笑)(ちなみに、そんなには見ませんが語学のページも好きです)。


テレビ関係と言えば、昨年から始まった
『テレビとネットの近未来カンファレンス』の第3回が、明日開催されます。

日時: 2006年2月1日(水)17:00開場 17:30〜19:30開演
会場: サンシャインシティ文化会館 7階 710
申込み:http://www.tvblog.jp/event/archives/2006/02/

残念ながら私は風邪をひいた上に、仕事がまだ一段落ついておらず(お待たせしております>tatsu_yさん)、行けそうにありません....(残念)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.26

PGPは時代の逆行を止められるか?

暗号化技術としてあまりにも有名なPGPが、日本法人の設立を発表した。
 発表会で耳に残ったのが、代表取締役、浅井政浩氏の「時代の逆行」というフレーズだ。
 最近、個人情報漏洩などの事件が相次ぎ、企業でのパソコン利用の形態は大きく変わってきた。
 「漏れると高くつく個人情報はすぐに捨てる」ようになり、情報の漏れ口となりえる「USBポートはふさがれ」、「ノートパソコンは社外持ち出し禁止」になっている。
 個人情報廃棄で、松下電器は不幸な事故を起こし売る石油ヒーターの持ち主に連絡ができなくなり、USBポート封鎖で次々と誕生する便利なデジタルビジネスツールの扱いが大変になり、より優れたビジネスポータブル機をつくる技術努力が無駄になっている。
 浅井氏は、PGPが「そうした時代の逆行を止めるプラットフォームを提供できれば」と語っていた。
 このフレーズが気になったのは私だけではなかったようで、質疑応答でも質問が出た。

 PGPが直接提供するソリューションはメールやディスクまるごとの暗号化、例えばノートパソコンが盗まれても、ディスクがまるごと暗号化されているので、盗んだ人は情報にアクセスできない、というもの。
 これが完璧な解決策かと問われればそうでないという人もいるだろう。まだまだ抜け道はあり得る。でも、そんなことをいったら、今の企業が採用している不便な企業システムにだって、まだまだいくらでも抜け穴はある。
 個人的には、このPGP製品(PGP Universal)を基盤とし、今後より高度な(それでいてユーザーの邪魔にならない)セキュリティーをどこかのサードパーティーがつくってくれるんじゃないか、SPAMメールの新たな対策をつくってくれないかと期待を寄せている。

 なお、PGPというと思い入れが深い個人ユーザーも多いと思うが、とりあえず今日発表された日本法人は当面、販売パートナーを通して企業向け製品、PGP Universalの販売に注力する。
 個人向けのPGP Desktopは、個人向けのサポート体制などがちゃんとできあがってから販売するとのことだ。
 ただし、PGP Desktopのソフトそのものは既に日本語対応になっており、米国PGP社のWebサイトから購入できる。
pgp

続きを読む "PGPは時代の逆行を止められるか?"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.01.24

ディズニーによるピクサー買収、いよいよ現実に!?

CNet Japanが速報あげていますね:
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000050156,20095014,00.htm?ref=rss

原文はこちら:
http://news.com.com/Reports+Disney+close+to+Pixar+deal/2100-1026_3-6030247.html?tag=nefd.top

ジョブズが筆頭株主というのもなんだかスゴイ。
ジョブズは元々、ディズニーの「白雪姫」みたいな、人々が何十年、何百年と見続けてくれるようなクラシック作品を残したいと言い続けて来たし望み通りなのかもしれない。

続きを読む "ディズニーによるピクサー買収、いよいよ現実に!?"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006.01.12

interFM、PC Talk

interFM

告知を忘れていましたが、先週の金曜日からinterFMで、Macに関するラジオ番組がスタートしています。

月曜〜金曜日の10時12分からオンエアしている、PC好きのDJ、KCがホストを務める"P.C.Talk with K.C."という番組なんですが、
毎週金曜日の放送を「Apple Chat」として、Macの話題をとりあげることになりました。
私も情報の提供などで参加する予定です。

前回の放送はCES期間中で、とりあえず紹介だけあったようです。
今週の放送では、MACWORLDからの新発表をレポートする予定なんですが、もともとシャベリが苦手な上に、こっちにきてからずっと人と話し過ぎで声が枯れ、おまけに風邪をひいたっぽいのでちょっと不安です。

現時点で、まだどうなるか不明ですが、よければ、ぜひ、新発売の「Apple Radio Remote」でも使って聞いてみてください。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

スティーブ・ジョブズ基調講演詳報

あっちこっちのページにリンクで飛ばしてしまって申し訳ありませんが、
昨日、プレスルームで書き上げた基調講演の詳報が、ようやくascii24/mac24で公開されたようです(この記事の執筆段階で前半部分だけ)
http://ascii24.com/news/specials/event/2006/01/11/659924-000.html

この記事、短く見えますが、実はちゃんと続きがあります

下の方に「次のページ」という薄グレーのボタンがあります
(最初、私も「次の(関係ない)記事へ」のボタンかと思いましたが違っていたようです。
前半だけでもそれなりに長いです。

もしかしたら、そろそろストリーミング配信も始まっているかもしれませんが、英語が苦手な方、とりあえず概要だけささっと読みたい方はぜひ読んでみてください。

昨日の基調講演では全部で合計10の新製品が発表されており、どれもそれなりにスゴイ新製品です。
こちらのレポートを読んでいただければ、とりあえず基調講演の全容がわかるはずです。

よろしければどうぞ...

【追記】
後編もアップされました
http://ascii24.com/news/specials/event/2006/01/12/659934-000.html

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.01.11

MACWORLD EXPOの写真はflickrを参照

blogを更新している余裕はないので、EXPO期間中落ち着くまではmixiとflickrだけ更新することにします。
mixiの日記は友達しか読めない設定になっています。

flickrのアドレスはこちらです:
http://flickr.com/photos/nobihaya

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.10

いよいよ開幕、MACWORLD EXPO!

MACWORLD EXPOがまもなく、あと4時間後に、スティーブ・ジョブズの基調講演で開幕します。
(私はその前に1本、ぜんぜん関係のない原稿を仕上げないと...)

EXPOが行われる地元サンフランシスコでは、前日から地元紙San Francisco Chronicleが「Technology」面のトップで過去のExpoを取り上げるなど盛り上がって来ています。

060109 San Francisco Chronicle

続きを読む "いよいよ開幕、MACWORLD EXPO!"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アップル&インテル:CESで 気になった3つのスライド

いよいよ、明日はMACWORLD EXPO 2006のスティーブ・ジョブズの基調講演の日。
ハードも、ソフトもたくさんの製品が発表されそうです。

ハード側の発表でもっとも注目されているのがインテルCPU搭載のMacですが、すぐに出荷されるかどうかは別としても、明日はほとんどがこの話題になるのは間違いないでしょう。
ジョブズーアップルはDVD-R/CD-R両対応のSuper Driveの採用にしても、なんでも「業界初」にこだわってきたので、International CESで正式発表されたインテル社のCPU、「Intel Core Duo」についても、一番のりを果たすつもりではないでしょうか。既にCESではいくつものメーカーが「Intel Core Duo」搭載ノートを発表しており、そのいくつかが月内から来月頭にも出荷しそうです。
 スティーブ・ジョブズならきっと「それよりも前にウチに」という契約を取り付けていそうな気がします。

Intel Keynote @ CES

ちなみにIntel Core Duoが発表されたCESでのインテル社Paul Ottelini氏の基調講演で気になるスライドが3つほどありました。

続きを読む "アップル&インテル:CESで 気になった3つのスライド"

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2006.01.04

ジャック・バウアーのオフィスに行ってきました

新年あけましておめでとうございます。

今年は、いきなりドラマ「24」と携帯電話ビジネスとiPodに関連した話題からお送りします。

ドラマ「24」は今年も全世界的に大きな話題を呼びそうです。
米国では、再来週から、この人気ドラマの第5シーズンの放映が始まります。

私は放映に先駆けて、アップル社からも関連した発表があるのではないかとひそかに期待しています。
来週開催のMACWORLD EXPO/SAN FRANCISCOというイベントで、アップルが米国のテレビ会社「FOX」と提携するんじゃないかと...

今回はインテルCPU搭載Macが出るんじゃないかと注目が集まっており、他に新しいiPodなどの噂もありかなりもりあがっています。
 私はそれらの発表に加え、さらにアップルが「FOX」と提携して、「24」のシーズン5をiTunes Music Storeで発売するんじゃないかと思っています。

 これが実現すれば、「24」の放送を見逃しても、翌日になればわずか1ドル99セントで、前日の放送をiTunesでダウンロード購入し、自宅のパソコンやビデオiPodの画面で楽しめるようになる、ということですーーかなり画期的でしょう!(米国在住者に限る)。

 iTunes Music StoreでのTVドラマの販売は、既にかなり成功しているようで、次々といろいろな会社がアップルに声をかけてきていると聞いています。実は、その噂の中で、FOX社の名前も何度も登場しているのです。なので、上のような発表があっても何ら不思議ではありません。


さて、今日からInternational CESとMACWORLD EXPOの取材でアメリカ入りしています。

今日はロサンジェルスに一泊して、私が一番注目している会社を訪問してきました。
(まだ、取材内容をどこの媒体に書くかは決まっていません。何通りの切り口もできる会社なので、興味のある媒体はぜひ声をかけてください)。

実はこの会社には、ドラマ「24」の主人公、ジャック・バウアーが(第1シーズン)使っていたオフィスがあります(今は普通に会議室として使われています)。

Amp'd Mobileで、世界一クールな携帯電話を提供しています。bauer

世界的に人気のドラマのセットを、そのままオフィスに使っているなんて一体どんな会社か気になる人もいるでしょうが、このAmp'd Mobileという会社の事業は、もしかしたらドラマ「24」そのものよりもおもしろいかもしれません。

続きを読む "ジャック・バウアーのオフィスに行ってきました"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »