« Nike+iPod、今わかっていることのまとめ | トップページ | 「ピクサー展」はぜひ夏休み前に »

2006.06.06

「iPod U2 Special Edition」ではっきりしたアップルの変化

Ipodu220060606
最近、iPod関係のニュースがないと思っていたら、突然、発表されましたね、
iPodのSpecial Edition−−ただし、今回もU2 Special Editionのようです。

「2006年6月6日、アップルは本日、アップルとU2そしてUniversal Music
Group (UMG) との継続的なパートナーシップの一環として、新しいiPod U2
Special Edition(アイポッドユーツー・スペシャルエディション)を発表」

ということで「第5世代の30GBのiPodをベースとしており、最
大7,500曲分の音楽、最大25,000枚分の写真、最大75時間分の動画を保存で
き、オールブラックのステンレススティールの筐体に、赤のクリックホイー
ル、そしてU2のバンドメンバーのサインのカスタム刻印を特徴」。

38,800円ということなので、通常の30GB版(ビデオ)iPod+4000円で、30分相当のビデオコンテンツがついてくる、ということ...

それにしても前回のMacBookにつづき、これからは日本時間の夜9時半頃(カリフォルニア時間の午前5時半、ニューヨーク時間の8時半)に突然リリースで発表、というのがパターンになりそうですね。

この方法の強みは、日本よりも先行してアメリカで発売できること。
これまでのアップルはグローバル戦略、世界同時発表にこだわってきたため、初代Macの発表会以来、日本の方がアメリカよりも十数時間先行して発表/発売となることが多かった。昔はそれでもよかったけれど、最近ではFlickrなどを通して、先行発売の様子が世界中でリアルタイムで見れるようになったため、米国のユーザーは日本で先に発売されたり、バラされたりしてるレポートを十数時間悔しがりながら見ているしかなかった。
 それが9時半発表メソッドで、アメリカで先行して発売できるようになった。
 これからは日本人がニューヨークからの最初の購入レポートが掲載されてから11時間ほど悔しい思いをすることになりそうですね。



最初のU2 Special EditionのCMで使われたのは、この曲でしたね。私はこのビデオよりもiPodのシルエット広告の方がしっくりきてしまいます:

U2: Vertigo
icon



私事になりますが、カリフォルニアからは昨日帰国しました。
まだ時差ぼけだったり終わっていない仕事が貯まっていますが、しばらくしたらまたブログの更新頻度を上げていこうと思います。


iPodU2

6月 6, 2006 iPod |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/10419794

この記事へのトラックバック一覧です: 「iPod U2 Special Edition」ではっきりしたアップルの変化:

» 新しい iPod U2 Special Edition は素材が違う! トラックバック APPLE FARM
アンコールに応えて再び登場 2006年6月6日、アップルから新しいiPod U2... [続きを読む]

受信: 2006/06/07 12:04:56

コメント

コメントを書く