« THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2006 | トップページ | Stupid Networkと25番ポート »

2006.09.27

Everyware講演のビデオが公開

IT業界を代表する名スピーカーといえば誰を思い浮かべるだろうか?
スティーブ・ジョブズ?ラリー・レッシグ?

こう書いていて、また思い出してしまったけれど、
今日行われた「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2006」のレッシグの基調講演も素晴らしかった。

もし、まだレッシグのスピーチを見たこと、聞いたことがないという人がいたら、
ぜひとも、だまされたと思って、こちらのFlashムービーを見て欲しい。
ムービーにはレッシグ氏の姿は出てこないが、レッシグ氏ならではの個性的なスライドとともに、
ittousaiさんがつけた字幕が表示される。
http://ittousai.org/mt/archives/2003_04/free_culture.html


今からもう4年以上前の講演のスライド+音声+日本語字幕だが、
何度見ても一向に魅力が衰えることがなく、繰り返し見てしまう。
石谷さんも繰り返し見ちゃっている、という。

Read Write文化とRead Only文化の共存を訴えた今日のスピーチも、
ぜひ、いずれ上のような形で「共有」されればうれしいのだが....
石谷さんが関係者に聞いたところ「検討」はしているようだ。


ジョブズとレッシグ、この2人のスピーチは、ちょっとした音楽ライブパフォーマンスや
舞台芸術を見るくらいのすごさ、楽しさ、感動があるが、
現在、私のリストで、これにつづく3番目に来ているのはアダム・グリーンフィールド氏だ。


この7月、慶応義塾大学のデジタルメディア・コンテンツ統合研究機構(DMC Institute)で近著、「Everyware: The Dawning Age of Ubiquitous Computing 」の内容をまとめた講演を行った。

前日、キャスタリアの山脇社長が、「彼のスピーチはすごい」と言っていたので、どんなものか気になっていたのだけれど、実際に見てみたら本当にかっこよかった。

ジョブズのように製品を売り込むスピーチではなく、世の中に伝えたいメッセージがあって、
それを魅力的かつ効果的に伝えるスピーチで、そういう点でもレッシグのスピーチと重なるところがあるけれど、内容も素晴らしければ、そのプレゼンテーションも素晴らしい。
スライドのデザインされたかっこよさでは、レッシグに勝っている。


実はそのスピーチがWeb上から見れるようになった。
Everyware: The dawning age of ubiquitous computing - A talk by Adam Greenfield

adam greenfield@keio univ.

コンピューターのユビキタス化する中で、それをつくる人、使う人達にいくつかの注意を促す内容。

深沢直人が唱えるという「振る舞いの中にとけ込むデザイン」という話では、
SUICA(関西はICOCA?でしたっけ?)のような公共交通用ICカードが、香港ではどのように使われているかを紹介した。
香港の女性は、読み取り機の前に来ると身体をクルっと半回転させ、ハンドバックの中に入れたままのカードをリーダー部分にぶつけ、スピードを落とさず、そのまま歩き去っていくという。その姿にはなにか独特の優雅さもある、という。

グリーンフィールドは、これはカードリーダーが許容する読み取り範囲と認識スピードから生まれてきた振る舞いであって、日本のスイカ(関西ではイコカ)もほぼ同じようなシステムでありながら、まったく、わずかなシステム上の違いから、まったく違う振る舞いが形成されていることを指摘している。

adam greenfield@keio univ.

グリーンフィールドの話は、こんなおもしろいエピソードをところどころに交えながら進んでいく。

ちなみに彼は、トヨタやソニーといった会社もクライアントに持つユーザー・エクスペリエンス・コンサルタント。
それだけに、ユーザビリティーやHCI(Human Computer Interaction)的な考察も奥深く、非常に刺激的な内容だ。

ドン・ノーマンやHCI(Human Computer Interaction)といった分野に興味がある人にもぜひとも見て欲しい。

もっとも、本当は一番見て欲しかったのは、日本でユビキタスコンピューターの開発に携わっている企業のリーダーや現場の開発者達(つまり、ほとんどのメーカーの人々)。

でも、講演が英語だったせいか、ひどい雨が降ったせいか、あるいは事前の告知が不十分だったせいか、あまり人が集まらなかったのが残念でならない。


そう、あえて書かずにきたが、実はリンク先の720MBのムービーは、英語のスピーチで、
先のレッシグ・スピーチのような(ittousaiさんによる)素晴らしい字幕もついていない。


見たところ映像はCreative Commonsで公開されているので、ぜひとも誰か頑張って字幕をつけて欲しい(ittousaiさんいかがですか?忙し過ぎ?
もちろん、私も100%他力本願するつもりはなく、協力できる範囲では協力していきたいと思う。

なお、レッシグやグリーンフィールドのスピーチをおもしろく印象深い物にしているのはNarrative、つまり「物語力」だと思う。

これについて今、平野日出木さんの著書「物語力」で人を動かせ!―ビジネスを必ず成功に導く画期的な手法を読んでいるが、非常に説得力がある。

ちょっと前の「ロジカル・シンキング」ブームで、話をロジカルに展開して製品を売り込むようなスピーチが増えているが、こうしたスピーチ。なんか、納得がいくような、そこは違うんじゃないかと思ったり、左脳ではOKだと思っても、右脳が拒否反応を示すことがある。

これに対して心にしみこむようにして残るのが「物語力」のあるスピーチ(なんて、書いているけれど、仕事が貯まりすぎて本もまだ半分までしか読んでいない)。

平野さんから、この本の話を聞いた時は
「まさにその通り!」と思って、最近、森美術館で行われた「ストーリーテラーズ:アートが紡ぐ物語」の話とか、いろいろ話したっけ。

何か「最近、俺が頭のどこかで思っていたのはそれだよ、それ」と思わせるような出会いがあると、自分でEurekaしたときと同じような興奮と刺激を覚えるもの(言わば、外的Aha!?)

まあ、このあたりの話は、また機会を改めて書くことにして、山積みの仕事という現実に戻ります。

言いたいことは4つ。

1.アダム・グリーンフィールドという名前、ぜひとも覚えておいてください
2.どなたかぜひ彼の講演に字幕を!
3.「物語力」で人を動かせ!―ビジネスを必ず成功に導く画期的な手法もおもしろいですよ。スピーチをする機会が多い人はぜひ一読を!
4.アダムが講演を行った慶応義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構の運営委員でもある村井純さんが明日、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2006」で基調講演を行います。私はラジオに出たとしても、これには間に合うように行く予定。




イベントをオーガナイズしたアンドレアス・ボーヴェンのブログ、
chosaqにも詳細が書かれています。

9月 27, 2006 パソコン・インターネット |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/12065996

この記事へのトラックバック一覧です: Everyware講演のビデオが公開:

» TOEICで900点を取るというと、周りの友人たちは笑っていた。 トラックバック TOEICで920点を取った医師の英語勉強法
わたしはネイティブの友人と英語の勉強を長年頑張っている友人のN明さんと一緒にいました。 N明さんは必死で英語を話すのですが、全然分かってもらえません。リスニングは、彼女がスピードを落とすと何とか分かるのですが、わたしと彼女とが話している内容はさっぱりわからないようです。 ... [続きを読む]

受信: 2006/09/28 1:58:12

» レッシグたん。のスピーチ。 トラックバック salvageship
ライターのNobiさんのところで、見掛けたレッシグたんの公演のフラッシュ。 リン [続きを読む]

受信: 2006/09/28 13:33:26

» 友達には内緒にしておきましょう。喋れるようになったら、実践で驚かせて見ましょう。ぽかんと口を開けた友達が目の前に見えるはずです^^ トラックバック 英会話ビジネス英語toeic攻略
こんなとき英語がしゃべれたら・・そんな機会って結構ありますよね。人の英会話の上達が気になって仕方のないあなたにはこの英語テキストで超♪安心していただきます。ご心配には及びません。全てこの英語テキストにお任せください。あなたは順番に自分のペースでこなしていくだけです。いつの間にか喋れるようになっています。不思議でしょ♪自分でもびっくりするくらい、見る見るうちに上達が可能です。気分いいですよー!すんなり単語が出てくるんです。あたり前ですよね、誰だって英語を自由に操りたいですよね。...... [続きを読む]

受信: 2007/05/18 1:35:07

» 結婚式のスピーチ 幸せ感動祝辞 トラックバック 結婚式のスピーチ 幸せ感動祝辞
はじめまして(*^_^*)トラバよりおじゃましました。結婚式スピーチの最新情報を集めています。よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2007/06/04 13:24:07

コメント

こういうカンファレンスっていつもブログやネットニュースのレポート(事後)で存在を知るので非常に残念な思いをします。

カンファレンスやイベント予定が集約されたフィードがあるとうれしいかも...

投稿: GNUE(鵺) | 2006.09.28 11:51

People in all countries take the personal loans in various banks, because it's easy and fast.

投稿: MARCIARAYMOND27 | 2011.08.14 08:48

That is good that people can take the credit loans goodfinance-blog.com moreover, this opens new opportunities.

投稿: personal loans | 2012.07.23 02:49

コメントを書く