« 東京がデザインに包まれる1週間 | トップページ | 脱家庭用コンセントへの一歩 »

2006.10.30

Quartzアニメーションに触れよう!

*一部訂正しました:
*期間は実質1日だけー>日曜まで5日間開催しています。ぜひ行ってみてください!


MOTION TEXTURE

Macの画面上に表示される流れるように滑らかなアニメーション。
その多くはMac OS X開発環境の一部として提供されている「Quartz Composer」でつくりだされている。

1つの映像と、別の映像を線でつないで、その関連を設定していくだけの簡単な操作で、
おもわず楽しくなるアニメーションをつくれるソフトだ。

このブログでも再三紹介している「未来派図画工作」のZugaさんが、このソフトでつくった素晴らしい作品の数々を「Quartz Composer Sample」として公開しているので、まだ見ていない人はぜひそちらをチェックしてみて欲しい(ただしMac OS X "TIger"以降でしか見ることができない)。

普段はMac上のアニメーションだけで終わってしまうこのQuartz Composerの世界だが、
まもなく、この素晴らしいアニメーションを自分の手で触わって、しかも対話(操作)できるという、おもしろい展示が公開される。

場所はお台場の近く「青海」の「日本科学未来館」。

広告などのCG映像制作を行うWOWという会社による「motion texture」というプロジェクトの一環だ(Zugaさんは、このWOWの一員)。

motion texture公式ホームページ

これは本来、視覚的体験だけで終わってしまう「映像」を、実体験で感じてもらおうという試み。

「鑑賞者は映像に動きを誘導され、映像はその動きに反応する。その両者の無限のフィードバックの中で、映像と環境の境界は曖昧なものとなる。すなわち環境を演出しているはずの映像が、環境そのものになっていく。その瞬間、映像は環境と一体となったテクスチャーとなる。環境としてのモーショングラフィックス。映像は再生されるものから、存在するものへと変わる。」−−公式Webサイトより

MOTION TEXTURE

会場となる日本科学未来館にはQuartz Composerでつくられた巨大な対話型インスタレーション作品が展示される。
実はこのインスタレーション、公開されるのは今回が初めてではない。
以前、「仙台メディアテーク」でも展示されたことがある。
WOWやZugaさんは仙台出身。ローカルティーを重視し、現在も仙台を活動の重要な拠点としている。

メディアテークの展示もぜひとも行きたかったが、海外から帰国したその日に開催で行けなかった。

今回の展示はぜひ見に行こうと思っている。

期間は5日間だけなので、東京近郊の方は、ぜひとも今から予定をやりくりしましょう。

11月1日(水)17:00開場(18:00よりオープニングイベント)
11月2日(木)〜5日(水)は10:00〜17:00

10月 30, 2006 Mac |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/12487530

この記事へのトラックバック一覧です: Quartzアニメーションに触れよう!:

コメント

コメントを書く