« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.29

カイゼン × Bootstrap

3日遅れの話題ですが、時間がないときでも、ついつい見てしまうのが「NHKスペシャル」。11月26日放送の「トヨタ 世界一への条件〜グローバル企業の苦闘〜」もおもしろかった。

車の出荷台数もGeneral Motorsと10万台差になった「世界のトヨタ」。 車自体の好き嫌いは別としても、「トヨタ式(THE TOYOTA WAY)」として知られる、同社の「ものづくり」の方法や、ざまざまなBusiness practiceは世界中に大きな影響を与えている。 「カイゼン(改善)」という言葉も、もはや世界語となった。

212 (写真は本文とまったく関係ありません。久々にectoというソフトで記事を書いたら、行間がつまり過ぎて読みづらかったのでスペーサーとして入れています)。

今回の「Nスペ」は、そのトヨタがグローバル展開を進めていく中、トヨタ式のミーム(トヨタ式のDNA)を、どのように伝えていくかに焦点を絞り、2つのストーリーを軸に話が展開する。

テキサス州サンアントニオでは、「ものづくり」の経験がない現地のマイノリティーを雇用し、これまで進出を果たしていなかった最後の牙城、「ピックアップトラック」の製造をもくろむストーリーが展開する。 現地マイノリティーの雇用は、かつて米国で起こった「日本車叩き」を改善しての試作だろう。

もう1つのストーリーは、タイにあるトレーナーを教えるための研修施設のストーリー。 トヨタ式のミームを伝えるトレーナーの役割を、日本人抜きの、現地人トレーナーが1人立ちするまでの様子を追った。

tokyo@night

「ものづくりの心」を教えるためにレゴを活用したり、昇進するたびに新しい帽子をもらえる制度を用意していたりと、話の節々に「トヨタ式」の工夫が見えるのもなかなかおもしろい。

ところで、「カイゼン」と言う言葉を聞くと、1つ思い浮かべずにはいられないものがある。 マウスの発明者としても有名なダグラス・エンゲルバート博士がつくった「Bootstrap Alliance」だ。

続きを読む "カイゼン × Bootstrap"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フランスの古道具展は30日が最終日

nobilog2のサイドバーでも紹介しているK & CLASSIQUEsRudi KANAIさんが、一時帰国し、フランスの蚤の市で買い集めた古道具を展示、即売している。

K & CLASSIQUEs@karf

今回は滞在が長いようで、3つのイベントに参加予定。
その第1弾が目黒通りの「karf」で開催中の「フランス古道具展」だ。

 ちなみにkarfが水曜日定休日なので、この記事の掲載後で、見れるのは最終日の30日(木)だけ。

 古道具が好きな人は、ぜひ、多少、無理をしてでも足を運んでみて下さい。

K & CLASSIQUEs@karf

続きを読む "フランスの古道具展は30日が最終日"

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2006.11.27

0.000005%の発見

地球の表面積は509,950,000平方キロメートル(5億995万平方キロメートル)。
陸地はその3分の1とはいえ、総面積は148,890,000平方キロメートル(1億4889万平方キロメートル)と、やはり我々人間にとっては広大だ。

パっと衛星写真を見せられても、それがどこだかわかる確率は極めて低そうだ。

ニューヨークや東京、ロンドン、パリと行った大都市ならわかる人も多いだろう。
グランドキャニオンやフィヨルドらの特殊な地形でも、知っている人は多いかもしれない。
だが、何の特長もないただの住宅地だったら、わかる人の数は極端に減るだろう。

今、Google Earthの記事を書いている関係でGoogle Earth公式ホームページを眺めていた。
眺めているうちにトップにある5つのサンプル画像が気になってきた。
地球上のさまざまな場所の断片図なのだが、右から2番目の住宅街上空の写真をみて、どこだかわかってしまいちょっと感動している。

Google Earthの定規機能を使ってみると、写っているのはわずか30平方キロメートルほどの範囲で、
30/509,950,000で、地球上のわずか0.000005%の範囲。

それだけにわかった時の感慨もひとしおだ。
もっとも、わかったのには理由があって、たまたま自分が大学時代に住んでいた場所のすぐ近くだったからなのだけれど...(とはいっても、あまり行ったことがないエリア)。

続きを読む "0.000005%の発見"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.11.20

Beatles Remixed:"Love"購入

**記事修正しました:MacBookは光端子ついていました!!

久々にCDを買った。久々にアップル製品を買ってしまった。
といってもApple Computer, Incではなく、同社を裁判で訴えている方のApple Corp.

今日、たまたま朝のニュース番組で、「Beatlesが久々のアルバムを発売」というニュースを聞いた。
プロデュースは、ファーストアルバムから最後のアビーロードまで、Beatlesサウンドの面倒を見続け、
In My Lifeでもピアノ(オルガン!?)を演奏しているジョージ・マーティン。

そう、前にプレミアに応募し忘れて後悔したCirque de Soleilの
LOVE」のサウンドトラックだ。

朝ちょっと用事で、日比谷方面にいったので、
その足でビックカメラ有楽町館を覗いてみると、大量に置いてあった。
2400円と4200円(だったかな?)、2種類あるのでなんだろうと思ったら、
片方はDVD Audio付きだったんですね(CDもついているので、iTunesへの取り込みはこちらから)。

どっちにするか、散々迷ったあげく「そういえばDVD Audio持っていないや」という理由で後者にしました。
帰り道、DVDプレーヤーの配線を外したままだと思い出してがっかりしていたのですが、
帰宅後、MacBookにDVDを挿入したら普通に再生できました。

MacBook Proなら、光出力端子があるので、そのままサラウンドスピーカー/サラウンドヘッドホンを楽しめるけれど、MacBookにはないのでSonica経由で接続してみたところ、確かにサラウンド!

光端子のついていないMacをお持ちの方は、Sonicaを使えばUSB経由で利用可能です:


(ただし、私が持っているSonicaは、これとは違って、ちょっと古い青い奴です)

続きを読む "Beatles Remixed:"Love"購入"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.11.14

車の次は飛行機!?どこまで広がるiPodエコノミー

今日、ワイヤレス関係の取材と懇親会に奔走して、帰宅するとアップルからこんなリリースが届いていました。
アップル、エールフランス、コンチネンタル、デルタ、エミレーツ、KLM、
ユナイテッドの各航空会社と協力し、機内でのiPod接続サービスに対応

これから、上記航空会社では機内でiPodに充電しながら、ビデオiPodのコンテンツをシートバックのディスプレイで楽しめるようになるとのこと。
最近、飛行機に乗っても、エアライン側が用意された映画ではなく、自分のiPodに入っている映像コンテンツを見ることが増えた私的には非常にうれしいニュース。

続きを読む "車の次は飛行機!?どこまで広がるiPodエコノミー"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006.11.11

アメリカで話題のMac CMが日本でも...

"Hello, I am a Mac."
"I am a PC."

Mac役とPC役の小コントのようにして行われるTV CM「Get a Mac」シリーズが米国で放映されてしばらくが立つ。
最初に放映されたときは、「これってどうなんだろう?」と思っていたが、やがて、これまで声が届いていなかった層にも、Macの魅力をわかりやすく伝えたということで評判があがってきた。
次第に私も「あの広告、日本でもやればいいのに」と思うようになっていた。

だが、アップル周辺では:
ー「あれは比較広告にあたる」
ー日本では比較広告は嫌われる(という昔から言い続けられている神話)
という理由で敬遠していたようだ。

先日、アップルの服部ディレクターをインタビューしたとき、「これまでMacの魅力をちゃんと伝えきれていなかった。これからはがんばっていきたい」と語っていた。「もしかしたら日本独自のCMを始めるのか?」と期待していたんだけれど、今日、撮影のために持ち歩いていたMacBook(Intel Core 2 Duoー借り物)を開いてみてびっくり。

Tvcm

アップルExciteのページを開いたら、いきなり「Get a Mac」の日本版TV CMが紹介されていた。
なんだ、結局やるんじゃん。「Get a Mac」日本版。

話題のCMはこちらで見ることができます:
Macをはじめよう

続きを読む "アメリカで話題のMac CMが日本でも..."

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2006.11.08

MacBookもIntel Core 2 Duoに

Safari002_1

Intel Core 2 Duo搭載の新「MacBook」が発表されました。

新しいMacBook、果たしてどこが変わったのか。
プレスリリースによれば新MacBookは25%高速

執筆時点では、英語のリリースしかありませんが
1.83 GHz, 13-inch white MacBook, for a suggested retail price of $1,099 (US)
2.0 GHz, 13-inch white MacBook, for a suggested retail price of $1,299 (US)
2.0 GHz, 13-inch black MacBook, for a suggested retail price of $1,499 (US)
の3種類が用意され、
200GB/4200rpmのHDDも選べるようです−−これはうれしい!


MacBook Proの前例で、「公式ホームページでわかることだけがすべてではない」ことがはっきりしたので、今晩は早く寝て明日に備えます。アップルさん、発表時間を深夜前にしてくれてありがとう!(笑)

新MacBookを記念して5周年を迎えた関心空間に、久々にキーワードを追加してみました。
もちろん、そのキーワードとは「MacBook

続きを読む "MacBookもIntel Core 2 Duoに"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006.11.07

今年は白っぽい「アーテリジェント クリスマス 2006」スタート

061107_1824~0001.jpg
今や表参道に代わって、すっかり東京の代表的イルミネーションになりつつある「アーテリジェント クリスマス」が、今日、点灯されました。
歯医者の帰り、六本木ヒルズアリーナにすごい人だかりができていて、
階段が降りれない状態になっているので、何かと思ったら点灯式をやっていて女優の小雪がきていたそうです。
残念ながら上からは姿が見えず。
(写真はとりあえず、携帯電話の写真より。後で帰宅後にデジカメ写真に差し替え予定)

続きを読む "今年は白っぽい「アーテリジェント クリスマス 2006」スタート"

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006.11.04

今日、久々にAvantiにお邪魔

SUNTORY WAITING BAR、「AVANTI」
東京FMをキー局に、全国のラジオで放送されている土曜の夕方の憩いのひと時に、久しぶりにお邪魔させていただきました。
第1回目は元マイクロソフト会長の古川 享と同じ回でしたが、今回は私のほかにオーディオ評論家の方などがいらしていたようです。

テーマは「あばたもえくぼ」
さてさて、どんな話が聞こえてくるのか、

午後をのんびりと自宅で過ごすことにした人、これから夜のドライブに繰り出そうという人は、
ぜひともお楽しみください。

なお、最近ではPodcastも行っています
私の分が配信されるかはわかりませんが、電車でiPodの方は、そちらで過去のトークをお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.02

脱家庭用コンセントへの一歩

IMG_9054.JPG
Tokyo Designers Weekを駆け足で回ってきましたが、実は期待していたコンテナ展が少しパワーダウンしていてがっかりした。お台場でやっていた一昨年はかなり楽しかったんだけれど、昨年、絵画館前に移動してから数が減り、ルールが歪められてきた。

貨物コンテナという限られた空間をどう生かすか、という制約の中での工夫が楽しかったと思うのだけれど、気がつくとこんな感じでコンテナを3つつなげちゃっているところがあったり、外に向けて拡張しちゃっているところがあったりと、かなりルールが緩くなってきている。

IMG_9089.JPG
IMG_9091.JPG

とはいえ、要は中身でおもしろいコンテナはやっぱりおもしろい。

いくつかおもしろい展示をまとめて、CNet Japanさんに掲載していただきました。
デジタル家電の近未来デザインとは

個人的に毎年、楽しみなのがコンセプトPCなどの展示で毎年出展し続けている富士通。
今年はPlayful 3A Projectというプロジェクトでつくられたプロトタイプが展示されていました。
どんな展示かは実物を見てのお楽しみ。

一方、もう1つ、これはすごいと思ってしまったのがサンヨー電気の「eneloop」系の展示。
sanyo booth (container)
同社のコンテナでは「Think GAIA」を合い言葉に、同社が掲げる「eneloop universe」の製品群を展示していた。eneloopはご存知、繰り返し使える充電池と気軽に使える乾電池の良さをイイトコ取りした製品で、今年の「グッドデザイン」賞も受賞している。

でも、それだけに止まらず、その先のビジョンもあったんですね。
その先のビジョンというのが「eneloop universe」。
太陽電池で充電できる「SOLAR BATTERY CHARGER」を使って、コンセントに頼らずに電気を蓄えることができるのが、なんとも素晴らしい。

写真はCNetの記事参照

大量生産、大量消費というと、工業製品のことばかりが頭に浮かぶけれど、実はそうしてつくられた工業製品の多くが購入され、開封されると、今度は家庭用コンセントも大量消費している。
今や、そのあたりをよほど意識してセーブしている家でもない限り、「どの部屋のコンセントもたこ足状態」なんてことになっているんじゃないだろうか。

ところで、この「SOLAR BATTERY CHARGER」、実はもう1つ感動した点がある。
実は電力の外部出力端子としてUSBポートを備えているのだ。
として、太陽電池を使った充電器はいいけれど、その先がUSB端子、というのがなんとも素晴らしい。

続きを読む "脱家庭用コンセントへの一歩"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »