« アメリカで話題のMac CMが日本でも... | トップページ | Beatles Remixed:"Love"購入 »

2006.11.14

車の次は飛行機!?どこまで広がるiPodエコノミー

今日、ワイヤレス関係の取材と懇親会に奔走して、帰宅するとアップルからこんなリリースが届いていました。
アップル、エールフランス、コンチネンタル、デルタ、エミレーツ、KLM、
ユナイテッドの各航空会社と協力し、機内でのiPod接続サービスに対応

これから、上記航空会社では機内でiPodに充電しながら、ビデオiPodのコンテンツをシートバックのディスプレイで楽しめるようになるとのこと。
最近、飛行機に乗っても、エアライン側が用意された映画ではなく、自分のiPodに入っている映像コンテンツを見ることが増えた私的には非常にうれしいニュース。

 iTunes Music Storeを通した映像コンテンツの販売が、まだほとんど立ち上がっていない日本では、あまり実感が湧かないかもしれない。でも、コンテンツを持っている会社が、ちゃんとどこに勢いがあるかを自分の頭で考えて認識し、その勢いを活かしてビジネスを行っている米国では、コンテンツ側とビューアー(つまりiPod)側の双方から勢いを加速させようとしている米国では、ものすごくおもしろいことになりつつあるんだな、と改めて実感させられるニュースでした(映像Podcastよりも、ワンセグなんていっている日本では、こうやってユーザーの利便性とコンテンツ事業者のビジネス展開が同じ方向で揃うのは、まだ数年先なんだろうなと思うと、ガッカリしてしまいます)。

 いずれにしても、これからiPodにはFUEL FOR TRAVEL型の展開をどんどん進めてもらって、少なくとも米国から日本への帰国便ではLOSTや24の最新エピソードが楽しめるような地盤をつくって欲しいところ。

すみません。睡眠時間2時間なところに加えて、かなりアルコールを摂取してしまったので、詳しい説明をハショって書いてしまいました。

11月 14, 2006 iPod |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/12690283

この記事へのトラックバック一覧です: 車の次は飛行機!?どこまで広がるiPodエコノミー:

» 航空会社の大手6社が、機内エンターテイメントにiPodを採用! トラックバック もこ茶の携帯・モバイル徹底活用!
ども!もこ茶です[:ラッキー:][:パン:] アップルは、11月14日に大手航空会社(計6社)と提携して、iPodと機内エンターテイメントシステムの統合を実現すると発表しました[:わーい:][:NEW!:] iPod対応に乗り出した航空会社は、[:ひらめき:] ・エールフランス ・コンチネンタル ・デルタ ・エミレーツ ・KLM ・ユナイテッド 以上の合計6社です[:てれちゃう:][:YES!:] どのようなサービスかと言いますと、乗客はiPodシートコネクションを通... [続きを読む]

受信: 2006/11/15 8:56:07

» Web 2.0ケーススタディ/Flickr トラックバック Web担当者Forum
Web 2.0的サービスケーススタディ  Flickr 単なる言葉だけでなく、「Web 2.0的」と称される実際のサービスも増えてきた。ユーザーによってそう呼ばれるものもあれば、注目を集めるために [続きを読む]

受信: 2006/12/05 8:09:55

コメント

おお、いいですねー。海外出張がとても多いので良さそうです。今は4G iPod Photo を使っているのでいよいよ新iPodの導入を考えなくては。ただ、日本の航空会社の参加はいつ頃なのか気になります。全体としてみると日本の航空会社を使う機会も多いので、ぜひ参加してもらいたいですね。

投稿: Shigeki | 2006.11.15 10:26

Shigekiさん、そうですね。私も日本の航空会社にも参加して欲しいと思います。
ただ、日本だとiPod/iTunesが盛り上がっているとはいえ、米国ほどではないので、航空会社もそれほど深刻に考えていないのかもしれません。
 米国の旅行客が、これを理由に、日本の航空会社を利用しなくなる、とかなれば航空会社が動き出す。そして、日本の航空会社が動きだせば、映像コンテンツを持っているところも動き出す。さらにはテレビ業界も動き出す、みたいな感じでいい連鎖が生まれてくればいいのですが。

投稿: nobi | 2006.11.15 14:45

コメントを書く