« アップルは、千載一遇のチャンスをどう生かす? | トップページ | チャットログ、再び... »

2006.12.07

今晩7時、ポッドアカデミーセミナー@Ginza

P1080286.JPG

バタバタしていた上に、ココログが2日以上にわたってダウンしていたために開催3時間半前、ギリギリでの告知となってしまいましたが、本日、Apple Store Ginzaにて行われる
キャスタリア主催「ポッドアカデミーセミナー第二回」でモデレーターをやらせていただきます。

ポッドアカデミーセミナー第二回

久留米大学助教授、元外務省中東2課長、元アフガニスタン公使の宮原信孝さん、
株式会社パブリッシングリンク、Timebook Townコンテンツ編成部担当部長の山崎隆広さん、
NHKインターナショナルの山本 博之さん
と業種もバックグラウンドもまったく異なる方々を交えて、Podcastを始めとする新しい時代のメディアが世の中をどう変えていくのか来場者の方々と一緒に考えていければと思っています。


開催日 2006 年12月7日(木)
開催場所 Apple Store Ginza 3Fシアター
東京都中央区銀座3-5-12サヱグサビル本館
» 会場
時間 19:00〜20:30
参加費 無料
お席に限りがございますので、ご希望の方はお早めにお越しください。
主催 キャスタリア株式会社

【出演者(予定)】
モデレータ: 林信行氏(ITジャーナリスト&コンサルタント)
パネリスト: 宮原信孝氏(久留米大学助教授、元外務省中東2課長、元アフガニスタン公使)
山崎隆広氏(株式会社パブリッシングリンク、Timebook Townコンテンツ編成部担当部長)
山本博之氏(NHKインターナショナル)
*出演者は変更する可能性があります。
福ノ上達也氏は、スケジュールの都合により出演できなくなりました。あしからずご了承ください。

【内容】
19:00〜19:30 キャスタリア株式会社紹介
・事業紹介
・サービス、商品の紹介 ー podacademy
・事例紹介
19:30〜20:30 パネルディスカッション

【出演者紹介】

林 信行(はやし のぶゆき)
ITジャーナリスト & コンサルタント。アップル社の製品やビジネス、カルチャーを 16年以上にわたって取材。他にBlogやソーシャルネットワーク、インターネットビジネス、携帯電話関連の記事を、経済誌や新聞、パソコン雑誌に執筆。Mac 関係では、日本だけでなく英米、フランス、韓国、ドイツなど海外媒体にも記事を提供。最近の著書にアップル社30年の歴史を綴った「アップル・コンフィデンシャル <上><下>」(オーウェン・リンツメイヤーとの共著 / アスペクト刊) 、監訳本に「THE CULT OF MAC」(リアンダー・ケイニー著 / SIB access刊) などがある。東京interFMのラジオ番組 PC Talk (木曜日 10:12〜) にも出演中。

宮原 信孝(みやはら のぶたか)
東京大学教養学部卒/ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)修士終了。2005年7月まで22年4ヶ月外務省で勤務。海外では、シリア、英国、アラブ首長国連邦、オランダ、ベトナム、アフガニスタン、米国に計12年半滞在。本省では、中東第二課長他、中東関係部署、軍縮関係部署等で働く。ベトナム、アフガニスタンでは、それぞれ開発協力、平和構築支援を担当した。また、中東第二課長としてアフガニスタン復興支援国際会議開催に携わる。その際のNGO拒否事件は苦い経験。福岡県久留米市出身。

山崎 隆広(やまざき たかひろ)
群馬県前橋市生まれ。慶應義塾大学文学部卒。出版社勤務を経て、米国ニューヨーク大学にて修士号を取得(メディア論)。現在、電子書籍の配信会社パブリッシングリンクにおいて、コンテンツ編成部担当部長を務める。

山本博之氏(やまもと ひろゆき)
財団法人NHKインターナショナルで海外向け放送を担当。NHKインターナショナルはNHKと外務省の共同で設立。海外に日本のNHKの放送を配信する業務をメインに、メディアを通じた「文化輸出」を担当。以前は米国でのNHK放送TVJAPANの副社長。NHKアーカイブの制作部長として番組のチーフプロデューサーとして活躍。

12月 7, 2006 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今晩7時、ポッドアカデミーセミナー@Ginza:

コメント

コメントを書く