« KC、お疲れさまでした! | トップページ | 試験的にデザイン変更 »

2006.12.28

日本人はボディーランゲージが多い!?

Inter FMの番組、US BEAT。最終回の放送終了後、DJのK.C.と一緒にランチを食べた。
その時、おもしろかったのはK.C.曰く、日本人はボディーランゲージが多い、という。
でも、昔から日本人の視点では、外国人はボディーランゲージが豊かだと言われている。
アメリカ人にしても、イタリア人にしても、身体を使ったリアクションが多く、それらがないと、会話のライブ感が損なわれる。
それと比べると、日本人の会話は身体の動きが少なく、あまりボディーランゲージを使っているようには見えないが、どういうことか?

K.C.曰く、外国人のボディーランゲージは、自分たちの感情を止めきれず、感余って内側から飛び出てくるもの。

 それに対して日本人のボディーランゲージは動きとしては小さいかもしれないけれど、その中に重要な意味が込められている。まさにボディ「ランゲージ」だという。

 例えば、口では「はい」とか「いいです」とか言っていても、同時に発せられるボディーランゲージによっては意味がまったく異なってくる。
  なるほど、確かにその通り。

 ボディーランゲージが重要なのはむしろ日本の方だ、というのがK.C.の弁。

 一見、反対のようでいて案外その通りかも。

12月 28, 2006 Japanese Culture |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/13237493

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人はボディーランゲージが多い!?:

コメント

コメントを書く