« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.30

iPod shuffleも5色に

Shuffle

iPod mini、iPod nanoに続いて、
ついにiPod shuffleも5色のカラフルな展開が始まりました。

キャッチは「Put some color on」

アップルのワールドワイドiPodプロダクトマーケティング担当バイスプレジデント、グレッグ・ジョズウィアック曰く
iPod shuffleは世界で最もウェアラブルなデジタルミュージックプレーヤー
です。音楽ファンは、これからは5つの鮮やかな色から好きなものをお選びい
ただけます。もちろん5色全部揃えるのもいいでしょう。」

確かに、この価格なら5色揃えて、それぞれに違うジャンルの曲をいれてもいいかもしれませんね。


0701shuffle_fam

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007.01.28

「1秒の世界」、今日3時から

1月、MACWORLD EXPOの基調講演で、スティーブ・ジョブズCEOはiTunes Store不調という一部の報道に反して、iTunes Storeが毎日500万曲を販売していると語った。これは
「1秒間に58曲のペース」だという。

Think the Earthの「1秒の世界」によれば
同じ1秒の間に1万6000缶、5700リットルの炭酸水が飲まれ
テレビが4.2台生産され
4.7Kgのフロンガスが生成されている。

1人の人が93mlの空気を呼吸し
心臓が1回脈を打ち、60mlの血液を体内に送り出し
世界に420万トンの雨が降る

「1秒」という時間で輪切りにした世界を描いたこの本が、
以前、TBS系列によって映像化されたことがあるのだけれど、今日ー2007年1月28日(日)ーその再放送が行われます。

15:00

から

超地球ミステリー特別企画 "1秒の世界"

リマインドがあまりにぎりぎり過ぎて間に合わなかった人も安心してください。
上の放送とは別物ですが、
2月7日には、新しくつくりなおされた「1秒の世界」も放送予定です。

続きを読む "「1秒の世界」、今日3時から"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.25

解決策は一片の紙

スティーブ・ジョブズ基調講演開始前から、いきなり間があいて関係ないエントリーになっています。
フライーランサーには負担が過大な海外取材、今年はmac24さんにスポンサーになっていただいたので、Expo関連の記事はそちらに執筆しています。
この後も、まだ数本の原稿を掲載予定なので、ぜひそちらをご覧ください。

ところで、今年はじめ、私の友人のmixi日記で、米国のApple Store(直営店)で日本のクレジットカードが使えない、ということが話題になっていました。

実は私も1〜2年前から同じ問題で困ったことが数回。

急に日本のカードが使えなくなったのは、国別に市場をわけようとするアップルの政策の一環か、などといろいろ想像を巡らしていました。
とにかく、4〜5種類のカードを試しても、どれもうまくいかない。

結局、最後はお決まりのパターンで、「あれはどこにあるんでしたっけ?」と 、手動のクレジットカードのインプリント機がレジ下の引き出しから取り出されます。
最近の店員の中には、この機械の使い方がわからない人も多くて、そのうちストアマネージャーを呼んでの大騒ぎに発展、なんていうことも。

でも、Macworld Expo後のApple Store San Franciscoに足を運んだとき、この問題がついに解決しました!

続きを読む "解決策は一片の紙"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

TypeTrace、パリからプラハへ

以前、CNet Japanでも紹介させてもらった遠藤拓己さんのアート作品、「TypeTrace」が、土曜日までエッフェル塔のすぐ近くフランス国立シャイヨー劇場(Theatre National de Chaoillot)で展示されています(オープン時間は19時から20時30分までの短い時間なので注意)。

CNet Japan:「オープンソース」×「アート」=?--DIVVY/dualプロジェクトより

遠藤さんが展示の様子をFlickrで公開していました。

[上のスライドショーは、nobilog2の現在のレイアウトにあわせて横幅を短くしています。すみません。クリックして遠藤さんのFlickrをご覧ください]

3月末から4月にかけてはプラハの美術館での展示が、そして2007年11月には再びパリでの展示が決まったそうです。

続きを読む "TypeTrace、パリからプラハへ"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.01.09

スティーブ・ジョブズ、まもなく基調講演

スティーブ・ジョブズCEOによるMACWORLD EXPO基調講演がまもなく始まります(日本時間の深夜2時スタート)。
10年前の様なQuickTimeによるリアルタイム中継は行われませんが、その代わり米国のGizmodoなどで、チャットや半リアルタイムのテキスト中継などが行われるようです。
http://www.gizmodo.jp/

これができるのは米国媒体の強み。
会場内は無線LANはあってもアップルの講演関係者専用になっているので、ローカル携帯電話を使ってしか状況のアップデートができません。EV-DO(日本で言うauのCDMA 1x WIN相当)を使った高速の携帯電話は現地の人達でしか持ち得ることができません。

その代わり国際ローミング中のvodafone->ソフトバンク携帯で、
1枚800円くらいの覚悟で講演中の様子の写真をアップロードすることはできるかもしれません(挑戦してみますが、できなかったらごめんなさい。できたとしても、暗過ぎてわからない可能性が大)。

続きを読む "スティーブ・ジョブズ、まもなく基調講演"

| | コメント (0) | トラックバック (6)

MACWORLDの歴史と共に市内観光案内

macworld

mac24で、既に何本かMACWORLD EXPOの事前レポートをあげています。
現時点で最新の記事は「【Macworld 2007 事前レポート】Google Mapで見る“新旧”基調講演の会場(前編)」というもので、MACWORLD EXPOに来れない人のために、会場周辺の雰囲気やMACWORLDの歴史をGoogle Mapへのリンクと共に紹介する記事。

Google Mapの地図をそのまま記事中に掲載するのが、いろいろな事情で難しいので、昨日、夕方から走って撮ってまわった地上からの写真+文中のリンクだけだけれど、こういう記事いかがでしょう?

後編は'90年代はじめ頃のMACWORLDの様子や、過去15年以上にわたるMACWORLDのさまざまな歴史エピソードを混ぜた、MACWORLD雑学帳みたいな内容になっています....

続きを読む "MACWORLDの歴史と共に市内観光案内"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.08

今年の個人的キーワードは:GNHと笑い

いざなぎ越えと言われながらも冷え込んだままの消費、ホワイトカラーエグゼンプション、ワーキングプアと何やら世間では暗い話題が多い。その根っこにあるのが、もしかしたらグローバル化、ネットワーク化の結果始まった「フラット化」現象なんじゃないかと、言われるとものすごく説得力がある。
 「フラット化」とは、もちろんトーマス・フリードマンの「フラット化する世界」が紹介している社会現象だが、この上下2巻の本を読破する元気の無い人には(実は私もまだ読んでいない)、最新号の月刊 ascii (アスキー) 2007年 02月号 [雑誌]を読むことを勧めたい。「フラット化」が何を意味しているのか、今、世界でどんなことが起きているのか、大ざっぱなところを知ることができるばかりか、識者による日本におけるフラット化の考察なども読むことができる。
 どっちにしても、IT化の波は、日本では人々の暮らしを豊かにするのではなく、大変さはそのままに「効率」だけをあげ、生産量なり、利益なりだけを高めてきたという印象がある(私は経済や社会学は専門ではないので、、大した根拠のない印象に過ぎない)。
 しかも、その大きな生産量なり利益で競合をするものだから、結局のところ労働者はかえって大変になっていることも多い。
 これが国によってはもともとの労働者のベースとなっているQuality of Lifeがぜんぜん違う。国や文化によっては、そもそもそれを下げようという発想が無いから、企業の成功もそれなりになるけれど、結局のところ労働者の生活の質もある水準が保たれる。いや、なんだかんだいって企業は成長しているのだから、そうした上向きの経済が影響して生活の質も少なからず向上しているところがあるんじゃないか。
 昨秋、MAC POWER (マックパワー) 2006年 12月号 [雑誌]の仕事で台湾を訪問して、そんな印象が強まった。
 MACPOWERの仕事では台湾の出版社を訪問してきたのだが(結構、自分的に満足度の高い記事。バックナンバーを見かけたらぜひ読んでみてください!)、彼らは「台湾の出版業界も大変」と言いながらも、日本の多くの出版社よりもずっとオシャレなオフィスにいて、しかも、目つきも意欲に溢れていて、店舗やグッズ展開といった事業拡大に意欲的な人が多かったのが印象に残っている(もっとも、あえて失敗している出版社を取材することはしていないので、そこいらへんのバイアスはあるのだろうが)。

P1070554.JPG

続きを読む "今年の個人的キーワードは:GNHと笑い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分専用ラジオ局

今、サンフランシスコに向かう飛行機の中で、これを書いています(ectoにしようかとも思ったけれど、普通のテキストエディタに)。
 最近、飛行機に乗る時に必ずやっているお勧めtips...っていうほどでもないけれど...
 飛行機とかに長時間乗っているときこそ、たまっているPodcastをじっくり聴きたいもの。

 iPodでPodcastを再生して困るのは、普通にPodcastメニューで項目を選ぶと1エピソード再生が終わるごとに再生が止まってしまうこと。
 そこで、エピソード一覧を見て、気に入りそうなエピソードをピックアップして、ボタンを長押し。そう、iPod単体でつくれる「On-The-Go」プレイリストに登録する。
 ここで同じPodcastを連続して聞いていると飽きるので、1〜2曲お気に入りの曲をいれる。
 そしたらまた別のPodcastを選択。

続きを読む "自分専用ラジオ局"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.01.06

ドコモとかろうじてつながる

世の中、結局、大事なのは「人」−−昨日はそう感じた1日だった。

年明け早々、風邪をひいて寝込んでしまい、2日半を無駄にした。さすがに60時間寝通しはできないので、療養中は携帯電話が友達だった。初めて携帯電話の電子本というのも読んでみた。先日、飲み会で話題になった「博士の愛した数式」を1日で読破。
 「字のジャギーが目立つ」、「この当たりボイジャーならもう少しこだわりそうなのに」、そんな不平を頭の中でつぶやきつつも親指だけで読める本という新しい体験は決して悪いことばかりではない、何よりも今、何%読んだかが下に表示されるのが、達成感をあおって、読書がどんどん進んでいく。

 病み上がり、Expoへの出発があまりにも直前に迫っていて焦った。
 まず最初に行ったのはiChatを使った同行編集者との打ち合わせ、そして気分転換の外出も兼ねた成田エクスプレスチケットの購入だ。

 今、成田エクスプレスなどの特急券はJRの駅の券売機で、クレジットカードを使って購入できるのをご存知だろうか。あれは非常に便利だ。ただし、ユーザーインターフェースには、かなり改善の余地がある。
 2つの異なる電車を比較したりする手順が非常に面倒で、結局、最初からキャンセルしてやり直すことも多い。
 もっとも、Undoのしづらい一直線なインターフェースは、機械が苦手な人にはかえってやさしいのかも、とも少し感じる。操作がわからず、係員が世話をするコストも考えると、機械が得意な人の贅沢な要求につきあうよりは、あれで正解なのかもしれない。

 さて、成田エクスプレスのチケットを買いに行くだけでは、もったいないと、もう1つ用事をつくることにした。

 長年、放り出していたNTTドコモの携帯電話の解約だ。

続きを読む "ドコモとかろうじてつながる"

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2007.01.01

Bonne année 2007!

Nengajo_web

あけましておめでとうございます!

旧年中はお世話になりました。
今年はさらにお世話になります。
よろしくお願いします。

続きを読む "Bonne année 2007! "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »