« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007.06.24

Foo Campいよいよ最終日

Foo Camp 07

Foo Campは確かに凄いイベント!すごい人ばかりだし、大盤振る舞いだし、楽しい!
2泊だけのイベントなのであっという間に終わってしまった。
皆、1年に1度だけのこのイベントの終わりが名残惜しいのか、まだキャンプファイヤーの周りで飲んだり、話し込んだり、ゲームをしています。


TwitterのEvan Williamsも、キャンプファイヤーの近くで友達とまだ話しているようです(@3.26AM)。
WkipediaのJimmy Walesも2AMくらいまでは、みかけたなぁ...

例年、このまま徹夜してしまう人も多いとか...

もっとも、さっさと今日の主要セッションだけ帰ってしまう人もチラホラいます。
Google創業者のラリー・ページは午前中にさっそうとヘリで現れたと思ったら、午後すぐにヘリで帰って行ってしまい、その後、いろいろなセッションでネタにされていました。

続きを読む "Foo Campいよいよ最終日"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.23

Foo Camp到着

Foo Camp

ハイウェイ101がサンフランシスコから大渋滞で途中何度か寝そうになった。
無駄な時間を有効に使いたいと、今晩、書かないといけないインタビュー原稿のインタビューを聞き直そうと思ったが、MacBookのスピーカーは音が小さすぎて(録音も悪すぎて)聞こえない。

でも、ようやくSebastopolの街に入って、ちょっと感動。
'70年代のスティーブ・ジョブズはこういうところで暮らしていたんだろうなという雰囲気の場所。
まわりは農場ばかりで、オーガニック系の店やハーブティー専門の喫茶店とか、そういうのがいっぱいで太陽もいっぱい。

なんとも良さそうな街です。
Foo Camp

続きを読む "Foo Camp到着"

| | コメント (1) | トラックバック (2)

本質に迫る

vertigo
仕事もなく常に飢えて困っている人がいたら、魚をあげるよりも、魚の釣り方/取り方を教えてあげた方がいい、というのは誰の教えだったことか?

いろいろ手を尽くしたけれど八方ふさがりになって、
もうどうにもならなくなった時、どうしたらいいのか。

潔くあきらめるのもひとつの手だ。

でも、それが自分にとって本当に重要なことなら、
一度、立ち止まって、問題の本質を見いだし、最初のふんばりが大変だけれど、
そこから勝負するというのが、長期的にみても、もっとも良い解決方法だろうと思う。

それができる人は少ないが、アップルはそれができる企業だった。

このことを書きたかったのは、本当は1ヶ月ほど前、
スティーブ・ジョブズがDRMフリー音楽配信に関するオープンレターを書いたときだったが、このニュースについては今更、ここで触れるまでもないだろう:
CNet Japan:「レコード会社はDRMの放棄を」--アップルのジョブズCEOが公開書簡
ITmedia:「4大レーベルはDRMを捨てよ」、Appleのジョブズ氏が提言
Google検索:「DRMフリー ジョブズ」

今月はじめ、札幌の取材中に、この記事を読んだ時も、同じ思いを抱いた:
林檎の歌:アップルが「文化庁は著作権行政から手を引け」と主張
(もっとも、この主張に関しては、アップルによるものではなく、「なりすまし」という見方が強まってきている:
「アップル」名乗るパブコメが提起した2つの問題【コラム】

アップル/アイチューンズ株式会社の側からいろいろ手を尽くしても、どうしてもうまく日本の音楽業界を変えられそうになければ、その根源までつきつめて勝負すればいい。

残念ながら正論が必ずしも勝つ世の中ではないかも知れないけれど、
アップルほど影響力の大きな力が正論を振りかざして勝負をすれば、十分に大きな勝算がある、と私は思う。

沈みかけた船から逃げ出して、「私は最初からアップルの側でした」という人が出てくる頃には勝負ありだ。

これでアップルには世界の音楽業界を変えただけでなく、旧態依然とした日本の音楽業界を変えたという形で新たに箔がつく。
今、アイチューンズ株式会社や、DRMフリーに乗り出したEMIを含む親アイチューンズの音楽レーベルにいる人たちはモチベーションがあがっているのではないだろうか。
 普段の音楽の仕事に加えて、「日本の音楽の歴史を変える上で一役買えた」という大きな満足感を感じている人もいるかもしれない。

アップルは常に本質に迫る希有な会社のひとつだ。

続きを読む "本質に迫る"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007.06.12

WWDCでSafariのWindows版が登場

1024

WWDCがついに開幕、さきほど開幕後第一報がITmedia +D PC USERに掲載された:

WWDCの目玉はWindows版SafariとLeopardの新機能

タイトルの通り、今回のWWDC基調講演の目玉は、Leopardの10の機能と、Windows版も用意されたSafari 3 Public Betaの2つとなった。

実は今年1月にascii.jpにて、こんなことを書いていた:
アップルがSafariの代わりにFirefoxを採用する可能性もあるが、その一方でSafariをマルチプラットフォームのブラウザとして広める可能性もある
(ascii.jp:アップルが大胆予告「これまでの30年は始まりに過ぎない」

まさにその通りになったわけだ。実は、今、このWWDC以外にも、いくつか仕事を抱えているが、ブラウザ絡みの記事が多い。もしかしたら、今、第二次Webブラウザ戦争が始まろうとしているのかもしれない。

続きを読む "WWDCでSafariのWindows版が登場"

| | コメント (3) | トラックバック (15)

2007.06.11

"Leopard"の詳細が明らかに、WWDCスタート!

アップルの開発者向けイベント、Worldwide Developers Conferenceがまもなく開幕します。
今年は次期OS、Mac OS X "Leopard"の詳細が明らかになる予定。
会場近くのApple Storeに17インチフルHD解像度のMacBook Proが展示されるなど、サンフランシスコの街はWWDCに向けてもりあがりつつあります。
 現在、現地は午前5時半(関係ない原稿を書くために午前3時起きしてしまった)。
 そろそろ会場の前にも行列ができ始めていることでしょう。

 今年も参加者が大幅に増え始めており、一部では基調講演会場に全員を収容しきれないという噂も...

 既にengadgetなどの一部のサイトで、テキストによるライブレポートをやることが予告されていますが、日本語の速報記事はITmediaの+D PC USERで!
「Macのユーザーでも、PC USER!」へは、こちらのリンクから

眠さに負けたため、ギリギリになってしまいましたが、前日レポートはこちらに掲載されております:
WWDC '07まもなく開幕——ついに“Leopard”の詳細が明らかに

なお、今回のWWDC取材は、ITmedia PC USERの他に、
金曜日更新のMicrosoft Mactopia
そして月末に発売のMac Fanでもレポート記事を書かさせてもらいます。

よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.06.09

明日から半月、サンフランシスコ

[UPDATE: 遠藤さんの名前が間違っていました。「拓巳」となっていましたが「拓己」が正解です。修正しました。また最後に配布版の情報を加えました。]

パリ在住アーティスト、遠藤拓己さんのTypeTraceを使ってメッセージを:

続きを読む "明日から半月、サンフランシスコ"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007.06.07

またモエレ沼公園に行ってきました

日曜日から1泊の札幌取材に行ってきました。札幌では速報記事と取材に追われて、あまり何をする余裕もなかったのですが、帰り際、飛行機を1本ずらしてモエレ沼公園を再訪しました。

最近、Mac、IT系の記事ばかりだったので、反省して久しぶりに普通の記事。

最寄り駅から7km弱。タクシーで往復しないと行けない場所ですが、それでも行く価値はありますね。
わずか1時間半、交通費7000円近い訪問ですが悔いはありません。

続きを読む "またモエレ沼公園に行ってきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.06

レッチリ、ドームに続いてiTunes Sotre Japanに上陸

Itunes001_1

6月6日、3月からの延期で行なわれた東京ドーム公演を4万人の観客で埋め、17曲熱唱で湧かせたレッドホットチリペッパーズ。
今晩の公演に先駆け、なんとiTunes Storeにも登場した:

ワーナーミュージック・ジャパンの楽曲が日本のiTunes Storeで購入可能に

絢香、コブクロ、リップスライム、リンキン・パーク、マドンナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど、邦楽と洋楽のトップアーティストがiTunesに登場

先週のiTunes UでのDRMフリー音楽の発表や、
「iPod課金問題」に対しての意見提出など、最近、Macの発表だけでなく、iTunesまわりの動きも活発化している。

林檎の歌:
アップルが「文化庁は著作権行政から手を引け」と主張

CNet Japan:
アップル、文化庁を激しく非難--「私的録音録画補償金制度は即時撤廃すべき」

Engadget Japanese: アップル激怒、文化庁には著作権行政の資格無し

実はこの話題、書きたかったが、札幌出張でタイミングを逃していた。

普通のやり方でいたら、ニッチもサッチも動かないところを、一気に問題の核心に正論で切り込みを書けた形。日本の音楽業界の問題を根本治療しようとするこのアクションは、(情けないことながら)アップルにしか起こせないものだ。

続きを読む "レッチリ、ドームに続いてiTunes Sotre Japanに上陸"

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2007.06.05

LEDバックライト採用の新MacBook Pro登場!

訂正:LEDバックライトを搭載するのは15インチモデルのみのようです(残念)

LEDバックライト、最大メモリ搭載容量4GBと、仕様的にもリフレッシュした新MacBook Proがついに登場しました。
最上位の17インチモデルには新たに1920 x 1200ドットの高解像度モデルが加わりフルHD表示にも対応しています(ただし、バックライトはLEDではありません)。まさにプロフェッショナルのノート型Macと呼ぶにふさわしい内容!

2.2または2.4GHZのIntel Core 2 Duoを搭載し、ビデオチップはNVIDIA GeForce 8600M GT。
プレスリリースではCPU性能でも、グラフィック性能でも、初代MacBook Proよりも50%高速と唱っています。

BTOでは、高密度ディスプレイに加えて250GB (4200 rpm)のハードディスクも用意されています。Safari011


続きを読む "LEDバックライト採用の新MacBook Pro登場!"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »