« 郵便局への提案 | トップページ | 地球×アート×IT »

2007.08.21

WITHOUT THOUGHT Vol.8、今日から

Wt8

先月書いたブログエントリーに元ダイアモンド社の友達からコメントをいただいた。
今年のWITHOUT THOUGHTは8月...日...
昨日、そのことをハタと思い出して、あわてて検索をしてみると、なんと今日からだったことを発見!

WITHOUT THOUGHT VOl. 8


WITHOUT THOUGHTとは...「さまざまな企業から参加するインハウスデザイナーの代表チームに、プロダクトデザイナーの深澤直人氏を代表監督(デザインディレクター)に迎え、独自のワークショップを開催。その豊かな果実を世界に届けるプロジェクト」(上のリンク先のホームページより)
今回のデザインテーマは「拭く/wipe」

会 場:ギャラリー ル・ベイン
   東京都港区西麻布3-16-28 TEL:03-3479-3843
   URL: http://www.le-bain.com 
   入場無料


会 期:
   2007年8月21日(火)~9月7日(金)
   11:00-19:00
   初日13:00会場 最終日17:00終了


参加デザイナー:
千田夏海(NECデザイン)、岡田圭司(オリンパス イメージング)、幸森史(コクヨ)、石川隆祥・加藤英樹(セイコーエプソン)、草薙晴彦・檀上泰士・黒澤成希(大伸社)、吉岡佑二(東陶機器)、竹下尚一・田勢信崇(日産自動車)、能田弘行・伴真秀(日立製作所)、滝澤友洋・吉田良江(富士通)、小澤麻里子(プラマイゼロ)、清水啓太郎(松下電器産業 パナソニックデザイン社)、青木基浩・菊地克巳(松下電工)、檜尾安樹絵(ヤマハ)、梅澤朝樹・飯田雅美(リコー) 長崎 綱雄・橋倉 誠・岡田 望・武内 経至・古賀 麻生・荒井 心平・土田 博之(NAOTO FUKASAWA DESIGN)
プロジェクト&デザインディレクション 深澤直人
主 催:DMN(ダイヤモンド・デザインマネジメント・ネットワーク)
協 力:NAOTO FUKASAWA DESIGN


「WITHOUT THOUGHT」は、「遊び心」の詰まったアイディアとの出会いが楽しい。
「遊び心」と聞くと、「そんなのなんの役に立つんだ」という人も出てきそうだけれど、
実際に商品を使うユーザーは、どうせ使うなら楽しいモノがいい、という発想だ。

スペックシートやベンチマークテストでモノを語る時代が、すでに終わっていることは、
iPodやiPhoneといった実例をあげるまでもなく、敏感な人ならすでに肌で感じとっているはずだ。

こうした考え方についてはデザイン話ではないけれど、今年はじめのSouth by Southwest 2007で、
伊藤穣一(Joi)さんが非常にいいことを言っていた。
「アメリカだとまず『ビジネスはどうなんだ』といったくだらない質問が出てくるが、日本だとまず子供たちが楽しんで、それにビジネスがついてくる。何でも楽しい方がいいに決まっているじゃないか。」
さすがJoiさん。インタビューとかで話していると、ついつい日本の悪いところを指摘する話題で盛り上がってしまうことも多いが、その一方で日本の「いいところ」、「見習うべきところ」もちゃんと見抜いて、世界に広めようとしている。Joiさんといえば、最近、Mozilla24絡みで刺激的なインタビューをすることができたので、そのときの裏話もいずれ個々に書きたい。
ちなみに上の発言は、こちらの動画の2:35あたりから...

 脱線ついでに、最近、ソニーから「Rolly」とかいう新しい商品が発売されるとかで、ティーザー広告を含めて話題になっている。一部メディアではiPod対抗製品とか書かれているが、もしそうだったらちょっとガッカリだ。
 もはやただの携帯型音楽プレーヤーはiPodと、それに追随する「その他大勢」で製品としてのカタチが膠着し始めてしまっている(おそらく、この膠着状態を破るのは次のiPodだろう)。
 ソニーとは、そんなiPodとの消耗戦を続けるのではなく、むしろiPodの手の届かないところにある新しい楽しみ、新しいライフスタイル、といった提案をして欲しいところ。
 話題の「Rolly」が、そんな製品ならうれしいのだが...
 ティーザーも出ていると言うことは製品も完成しているのだろうけど、期待しよう。

 実際、ソニーはそういう提案ができる数少ない日本企業の1つだと思うし...本当はWIthout Thoughtなんかにも参加しているとおもしろそうなんだけれど...

Rolly
 (ティーザーを見たところ「ただ聞く」というのとは違うスタイルを強調しているし、「もしかしたら有望?」ってちょっとだけ期待している。また、Engadgetによれば製品は「卵形」だという。もし、本当にそうなら、それはカタチからして「携帯性」と決別しているわけであって、そのあたりも新しそうだ)。


 さて、今回のWithout Thoughtのデザインテーマの「WIPE」だけれど、実は最近、たまたま、私自身も拭くことへの関心が高まっていた。

 私のiPhoneは、これまでかなり大勢の人に見せてきた。
 そして、iPhoneの液晶は指紋がつきやすいので、見せる度に拭き続けてきたからだ。
 拭くのに使っているのは、パワーサポート社を訪問したときにいただいた真っ黒の業務用っぽいクロス、これがなかなかいい。あと、サンフランシスコでサンヨーが開催したイベントでもらったXactiのクロスもソフトだけれどかなりいい。
 ただ、どちらも携帯がしづらかったり、すぐにしわくちゃになっちゃったりと、相変わらずの問題もある。
 今回のWITHOUT THOUGHTで「拭く」という行為に対して、どのような提案があるのか、かなり気になるところだ。

 今日は、ちょうど夕方から六本木ヒルズでミーティングがあるので、その前後にでもちょっと寄ってみようと思っている。

 そうそう、今回こそは、ついでに会場にあるori HIGASHIYAにも寄ってみよう。
 HIGASHIYAは、中目黒にあるお気に入りスペースの1つ。
 WITHOUT THOUGHT会場の「ル・ベイン」にはその支店「ori HIGASHIYA」がある。
 いつも行きたいと思っていたが、時間がなかったりで、いつも行きそびれていた。


デザインのイベントといえばもう1つ、9月4日から新丸ビルの「丸の内ハウス」で「60VISION」の新作の展示会が行われる。
これについては、今、書いても忘れちゃいそうだから、もう少し迫ってきてから改めて書くかな。

「60VISION」といえば、深沢さんとも交友が深いナガオカケンメイさんのプロジェクト。
実はケンメイさんのD & DEPARTMENTはご近所さんで、先日、札幌でお会いしたときに「ぜひ、D&DEPARTMENTに公衆無線LANを入れてください!」と頼んだら「あ、じゃあ。ぜひどうしたらいいか教えてください」という話になってそのままになっていた...
近日中に訪問しないと...
でも、今は60VISIONの展示会や「D & DEPARTMENT/Sapporo」で忙しいのかもしれない...
3KGが中心になって進めているD&DEPARTMENT/Sapporoについては、今週末、また「Apple Store Sapporo」でイベントが行われるようだ。以下、3KGさんから送られてきたメールから抜粋:

来る8月25日(土)17:00より、Apple Store Sapporoにて第2回目のイベントを開催します。D&D代表ナガオカケンメイさんを再び東京からお迎えして、具体的になってきた札幌店の情報をいち早くお伝えします。デザインの視点から観光を見つめ直すプロジェクト「D&TRAVEL」の続報も併せてお伝えする予定です。北海道在住の方、是非ご参加下さい。

http://www.apple.com/jp/retail/sapporo/week/20070819.html

8月 21, 2007 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WITHOUT THOUGHT Vol.8、今日から:

» WITHOUT THOUGHT Vol.8 トラックバック イソムラ式
WITHOUT THOUGHT Vol.8 毎回楽しませてもらっています。 それにしても、平日の昼休みに行けるという弊社ロケーションの素晴らしさ(ムフッ) いずれも完成度が高く、このまま製品化出来るものも多いでしょうね。 しかし、インハウスデザイナーがあくまで業務の一環(自己啓発)としてやっている活動でしょうから、製品化する上での障害は様々あるでしょう。そして主催しているDMN自体にも製品をリリースするスキームもない。NAOTO FUKASAWA DESIGNであれば、フットワークよ... [続きを読む]

受信: 2007/09/09 2:04:29

コメント

この記事へのコメントは終了しました。