« あけましておめでとうございます(2008年) | トップページ | さらばドコモ版PHS »

2008.01.02

TypeTrace公開β版リリース

前のブログエントリーで書けば良かったのですが、
年末のドタバタで、忘れていた大事なニュースがあります。

以前、CNet Japanの記事でとりあげ、
このブログでも何度かとりあげている
遠藤拓己さんの作品「TypeTrace」の公開β版がついにリリースされました。

以下のURLからダウンロードできます:
http://dividual.jp/get/tt/

電子メールにしても、インクジェットプリンターで印刷した年賀状にしても、デジタル時代の文章って、活字であって、どこか無機質な感じがしますが、TypeTraceで書いた文章を再生すると、なんだか書き手のぬくもりとか、そういったものが伝わってきます。

遠藤さんは、これを「デジタル時代の生原稿」と言っていますが、まさにそんな感じです。

このTypeTrace、恵比寿の東京都写真美術館にて2008年2月17日まで開催中の展覧会「文学の触覚」で、誕生のきっかけとなった作品、「Kinetic Keyboard」と共に展示されています。

お時間のある方は、ぜひ、そちらも御覧になってください。

なお、今のところMac OS X専用ソフトです。

こちらの作品は、私が昨夏、Foo Camp '07で日本を代表する注目ソフトとして紹介してきたソフトの1つです。

なお、その他では以下の作品を紹介してきました:


  • 「おしりかじり虫」が大ヒットしたうるまでるびさんのUD Paint[こちらも公開β版リリース中]
  • 未来派図画工作ZugaさんのQuartz Composerの作品群[Windowsユーザーの方は同じWebページのProcessingサンプルを!]
  • masuiさんのQuickML[いつの間にかWiki連携して飲み会写真の共有もできるようになっています!]
  • drikinのTwitterPod[元日にアップデートしました。]


    なお、TypeTraceの開発をしているdividualでは、優秀なCTOを探しています
    どなたか推薦があれば、お知らせください。


    P.S.YouTube動画で使用した私の生原稿をこちらからダウンロードできます。ぜひ、TypeTraceを使って再生してみてください。
    「getTypeTrace.tyt」をダウンロード

    もう1つ、TypeTraceの楽しさについて書いてみました。こちらはTypeTraceのみの書き下ろしです(このブログ記事にはない文章です)。

    「TypeTraceFun.tyt」をダウンロード

1月 2, 2008 Mac, アート, 文化・芸術 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/17551357

この記事へのトラックバック一覧です: TypeTrace公開β版リリース:

» TypeTrace トラックバック Quel musique aimez-vous?
写美で文学の触覚展のTypeTraceを使った作品「タイプトレース道〜舞城王太郎之巻」を見に行ってきた。 一昨年の銀座の展示で触った時よりTypeTrace自体の印象がガラッとブラッシュアップされている。で、舞城小説粉吹雪というショートストーリーがどう書いているのか実際ト... [続きを読む]

受信: 2008/01/06 21:37:06

コメント

いつも楽しく拝見してます。
これに似たものにFuzzmailというのがあります。
それでは。

投稿: chimidata | 2008.01.06 22:23

コメントを書く