« iPhoneについて誤解してはならない2つのポイント | トップページ | YouTubeでタッチパネル携帯の比較を楽しむ »

2008.07.03

iPhone発売前の高揚感をあおる動画活用メソッド

Apple Store San Francisco
今から約1年前、米国版iPhoneの誕生にあわせて、もう1つ生まれたものがある。
商品発売前に、用意した動画を流すことで、
同じ動画で商品説明、取り扱い説明そして製品プロモーションという3つの効果を同時に引き出すというメソッドだ。

これはどこかのトレンド系連載で書いた記憶がある。

ascii.jpの「マイクロトレンド」かと思ったが載っていないので、MacPeopleでの最後の連載「トレンド・プレビュー」の方だったかもしれない。

米国ではGoogle社を始め、多くのIT企業がEトレーニングの一環として動画製作に力を入れ始めている。
その一方で、対消費者向けにも、新しい製品の使い方を動画で紹介する「Demogirl」やら難しいコンセプトを平易な言葉で紹介する「〜〜 in plain English」シリーズでお馴染みのCommonCraftなどが注目を集めるようになってはいた。
だが、これらはいずれも商品説明か、取り扱い説明動画のいずれかに落ち着いていた。

これに対して衝撃的だったのが、初代iPhoneのビデオガイドだ。

初代iPhoneの発売の時も1〜2週間前までは、わからないことだらけだった。
しかし、ある時、ビデオガイドが掲載され、急にパっと雲の間から光がさしてきたように、状況がわかりはじめた。

アップルはその後も、ほぼ毎日のようにiPhoneのactivation方法を紹介するビデオなど、短めのビデオをこまめに出し続け、その都度、少しずつ細部が明らかになっていった(このやや渇望感を残した状態で、タイミングよく繰り出すやり方がなんともウマい)。

この動画の活用は、
「百聞は一見にしかず」で文章よりも理解が早い、という点でも画期的なのだが、
それ以上に、購買希望者の関心を引きつけ続け、
しかも、買うつもりがなかった人まで欲しくさせてしまうような宣伝効果も高い。

そう、教育ツールであると同時に、最強の販促ツールでもあったのだ。
(パソコンを持っていない人まで欲しくならないかって?心配はいらない。
 この動画はパソコンでしか見られないのだから)。

さて、前の記事でも紹介した通り、アップル社が発売を来週に控え、ついにiPhone 3Gについても「Guided Tour」の動画を公開した。

iPhone初心者向けの「A Guided Tour」(画面上の方)に加え、既に初代iPhoneを知っている人向けの「See What's New」(画面下の方)もあるので、見逃さないで欲しい。

実はこれらの動画ではiPhoneの製品としての概略は教えてくれるが、皆が一番、気にしている販売方法の実態ついてはあまり触れていない。「iPhone 3Gのアクティベーション」といった動画も今のところ掲載されていない。
 このため、多くのユーザーは7/11がどんな日になるのか、まったく想像がつかず不安がっているが、ついにそのヒントとなるものが現れた。
 なんとat&t社が用意した動画だ。
 なんとアップルに習って、at&t社までもが、動画メッセージの配信を始めたのだ。

動画の中では、7/11の混乱を少しでも少なくするために、
前もってどんな準備ができるかを丁寧に紹介している。

at&tでは、iReadyというサービス名で、事前に必要な書類や審査を済ませておけば、
7/11に、迅速に登録手続きを済ませられるように工夫をしているようだ。

昨年、大混乱を経験しただけに、at&t社は、その必要性を強く感じていたのだろう。
ちなみに米国での発売開始は、朝の8時からのようだ。

さて、日本のソフトバンクや、その他20カ国のキャリアに、
今からat&tと同じだけの準備をしろというのは、おそらく無理だろう
(もっとも、at&tも、アップルに慣れただけで、それほど事前準備期間があったとは思えない)。

だが、もし、アップルが間をうまく取り持っていれば、
at&t以外のキャリアもat&tモデルを参考に事前準備を進めていることだろう。
日本の場合、ちょっと複雑になりそうなのがMNP(ナンバーポータビリティー)の手続き。
果たしてこれが初日にできるんだろうか。

ただ、iPhoneの次の新機種が発表される時には、
ぜひともソフトバンクモバイルにも、at&tを参考に、このような動画をつくって欲しいと思う。


IMG_2467.JPG

ついでながら、他の端末をつくっているメーカーも、
iPhoneを参考に、動画による製品操作の解説を始めもいいんじゃないだろうか。

社内でも一番、製品の魅力を(ハートから)語れる開発の人間をつれてきて、
思わずその電話が欲しくなるようなデモを動画で撮影し、それをYouTubeで流す。

おそらく日本の消費者だけでなく、海外の消費者も「日本の携帯の動画」となれば、
喜んでみてくれるはずだ。

日本の携帯メーカーは、いずれ再び海外進出しなければならなくなる。
そのときに、あらかじめYouTubeで先進的イメージを植え付けておくことができれば、
それが有利に働くかもしれない。

起動途中でフリーズ中

「iPhoneの発売」という一大イベントは、
何もアップルとサードパーティーと、アップルファンの消費者と、ソフトバンクの四者だけのお祭りではない。

 これは携帯電話業界全体を巻き込んでの「携帯電話の作り方、売り方、盛り上げ方をもう1回根底から考え直しましょう」という数年に1度あるかないかの一大イベントなのだ。

 日本のメーカーの方々やキャリアの方々には、アップルのやり方をじっくり、観察して、いいところを盗んだり、ここはもっとうまくやってやるといった具合にイメージを膨らませたり、自由かつ柔軟な発想で、携帯電話の未来を考えていただきたい。

 こちらのブログ記事のコメント欄でも議論をしているが、
 素晴らしい製品の出発点は、豊かな想像力だと思う。


なお、どうも自分のことの宣伝は苦手で、書き忘れていたが、
一般消費者で、iPhone 3Gに興味がある方は「月刊DIME」の最新号で4ページの記事を書いているので、ぜひそちらを読んで欲しい。

携帯電話メーカーの方々で、iPhone 3Gに興味がある方は、日経コミュニケーションの7.1号に記事を書いたので、ぜひそちらも参照してもらえればと思う。
なお、日経コミュニケーションは、携帯電話業界周辺の最新キーワードや動向をコンサイスに(といってもそれなりに厚い)「iPhone、Android登場で始まる 新時代モバイル総覧」というムックも出しており、こちらにもiPhone登場の影響について詳しく書かせてもらった。

ぜひとも、参照していただければと思う。

Mbs

7月 3, 2008 iPhone |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/41720557

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone発売前の高揚感をあおる動画活用メソッド:

コメント

コメントを書く