« Re: 日本は公衆無線LAN先進国!? | トップページ | iPhone壊れてTwitterの難しさを知る »

2008.08.17

本屋とセレンディピティーの話

2008-08-14 15:56:11 +0900
先日、14日、お盆のさなか、パスポートの更新のために銀座の交通会館に行った。
お盆の時期は、東京はいつもガラガラ、だから人もいないだろうと思っていたらとんでもない勘違い。
交通会館の人に「この時期が1年で一番混むんですよ」と言われた。
1年の中でも、このお盆の2日間が一番混むらしく、帰宅後ホームページを見ると、たしかにそう書いてあった(今は書いてない)。
 2009年以降のお盆にパスポートを取得/更新しようと思っている人には、お盆が終わった翌日以降にいくことをお勧めしておきたい。あの大行列に並ぶくらいなら日にちをずらした方が、人生の時間を有効に使える(もっとも整理券をもらって、しばらくITOCIA辺りをうろつくという手もあるが。そういえば交通会館の3階だか4階から外に出られるというのを今回初めて知った。上の写真はその時の写真だ)。

 あまりにも時間があまったので、交通会館の喫茶店(分煙しているところが少ないので煙が嫌な人は注意)で時間をつぶし、屋上で写真を取り、その後、中にある三省堂書店に行った。
 よく考えてみると、ここのところずっと忙しく、寄り道時間が少なかったので、リアルの書店に行くのは本当に久しぶりだった。
 で、思ったのだが、やはりリアルの書店は、本当に危ない。
 物欲が刺激されまくる。
 もしかしたら、交通会館の三省堂が特にそうなのかもしれないが、視界に入ってくる本、視界に入ってくる本、すべてが眩しくて、興味をそそられるのだ。

B型の時代は終わった?

 Amazonも確かに便利だ。
 効率的に自分の欲しい本を見つけられる。
 そして、ややお仕着せの「お勧めの本」も出てくる。
 でも、それは例えばiPodの本を買うと、iPod関連の他の本が出てくるという類いの物で、自分の他の趣味にまで広がっているわけではない。
 私はIT関係も好きなら、現代アートも好きで、デザインや建築にも興味があり、イノベーションの話しも好き、旅行の話しも好きならば、雑誌「REAL SIMPLE」(の米国版)に出てきそうな話題も好きだ。
好きな雑誌をあげると私の一貫性のなさが見えてくるかもしれない。
なんといっても好きなのは「Noblesse」、「Paper Sky」、「和楽」、「Pen」といった雑誌。
でも、「日経アソシエ」や最近の「月刊ascii」も嫌いじゃない(昔は昔の月刊アスキーが好きだったが)。

アメリカに行くと帰りの空港で必ず「REAL SIMPLE」の最新号を買って帰る(私はあれはLife Hack本だと信じて疑わない)。
 そんな多様な関心を持つ私にはAmazonのレコメンデーションは幅が狭すぎる。
(こちらの麻倉さんのインタビューで言うところのコクーンのような存在で、まだSPIDERの域には達していない)。

その点、リアル書店だと、360度の視界の中に、
次から次へと魅力的な本の表紙やタイトルが立体的に飛び込んできて物欲を刺激されまくるのだ。
あれはかなり危険な場所と言えよう。

もちろん、リアルな書店には、Amazonにあるようなブックレビューはなく、
「果たして本当にこの本でいいのか?」不安に思わされるところもある。
しかし、その時、ふと思った。
実はそれを自分で判断するということこそが、失ってはならない「野生の勘」の1つなんじゃないかと。

昔、学生の頃は、参考書を買うときも、似たようなタイプの2大参考書、
果たしてどっちの方が本当にわかりやすいのか、など常に野生の勘を試されていた。
で、自分でパラパラっとページをめくり15分ほど比較した後で、
「こっちだ、こっちに違いない!」と野生の勘で判断していた(そして時にはその1週間後に「やっぱり、あっちだった」と敗北宣言をして、もう1冊を買い直していた。そこで、このままもう片方を買うのは悔しいからと反抗して第3の選択肢を選んでしまい、さらに1週間後、「今度こそ負けた」ともう1つの2大参考書を買ったこともある)。

Amazonのレビューは、確かに便利だし、非常に参考になる。
でも、そればっかりに頼っていると自分の判断力が鈍ってしまう。
この野生の勘を常に、ある一定レベルに保っておくためにも、リアルの本屋にはしばしば足を運ぶべきだと、改めて思った。

もちろん、私はAmazonも大好きだし、Amazonにもいいところがある。
特にAmazonを活用していて、ブログも持っている人には、ぜひともAmazonアソシエイトプログラムを活用することをお勧めしたい。

P1130434Amazonでは、実は「Amazonアソシエイト」プログラムこそが最良のれリコメンデーションサービスだ。

 ブログである本を紹介して、その本へのアフィリエイトリンクを用意したとしよう。
Amazonアソシエイトプログラムでは、ブログの読者がその本を買ったときに収入が入るのはもちろんだが、そのままAmazonの利用を続けて、それ以外の本を購入した場合も、ちゃんとアフィリエイト収入が入るのだ(素晴らしい!)
 さらに、そのブログ読者が、その後、どんな本(あるいは商品)を買ったかが、ちゃんと統計で表示されるのだ。
 そして、たまに高額なPlaystation 3などを買ってくれている人がいると、それなりのアフィリエイト収入が入る(どなたか存じませんがありがとうございます)。
 だが、問題はお金ではない。

 ここで表示される本のデーターが非常に、非常に、非常に、参考になるのだ。

 なぜなら、このデータは、私が好き勝手に書いているnobilog2というブログを読みにきた、もしかしたら趣向や価値観が近いかもしれない、読者の方が選んだ本であって、必然的に私の趣味や価値観にあった本である可能性が高いからだ。

 実際、これまでに何度、このAmazonのアソシエイトプログラムの売り上げデータで、おもしろい本を見つけて購入したかわからない。

 例えば映画業界におけるファンドビジネスの話しを書いた名著「『フラガール』を支えた映画ファンドのスゴい仕組み (角川SSC新書 (008))」も、アソシエイトリンク経由で誰かが買ってくれたおかげで出会えた本で、読んで本当におもしろくて良かった(ありがとうございます)。「ルノワールは無邪気に微笑む―芸術的発想のすすめ (朝日新書) (新書) 」もそうだ。
 「あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ」や「フリーランス・個人事業の青色申告スタートブック―「わかる、使える」をつきつめたらこうなりました (お金の実務シリーズ) (単行本) 」、「最高支配層だけが知っている日本の真実 (単行本(ソフトカバー)) 」にも惹かれている。

 私のアフィリエイト経由で、おもしろい本を買ってくれた人には、ぜひ本の購入の際にアフィリエイト返しをしたいくらいだ。


 仕込まれたセレンディピティーよりも、こうした狙っていないセレンディピティーの方が本当はおもしろいんじゃないかと思った。


 なお、先日の三省堂では、たまたま角を曲がったところにあるカートの上に置かれていた本の表紙が気に入って手に取ったところ、これがまさに「運命的出会い」とも思えるくらいに気に入ってしまったのだが、この本についてはまた別のエントリーで書くことにしよう。


PAPER SKY―トラベルライフスタイル (no.26(2008summer)) (毎日ムック) (毎日ムック)
PAPER SKY―トラベルライフスタイル (no.26(2008summer)) (毎日ムック) (毎日ムック)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
和楽 2008 9月号
和楽 2008 9月号

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2008年 8/19号 [雑誌]
日経ビジネス Associe (アソシエ) 2008年 8/19号 [雑誌]

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
月刊 ascii (アスキー) 2008年 09月号 [雑誌]月刊 ascii (アスキー) 2008年 09月号 [雑誌]

角川グループパブリッシング 2008-07-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

REAL SIMPLE JAPAN (リアルシンプルジャパン) 2008年 08月号 [雑誌]
REAL SIMPLE JAPAN (リアルシンプルジャパン) 2008年 08月号 [雑誌]

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『フラガール』を支えた映画ファンドのスゴい仕組み (角川SSC新書 (008))
『フラガール』を支えた映画ファンドのスゴい仕組み (角川SSC新書 (008))岩崎 明彦

おすすめ平均
stars映画ファンドの仕組みが理解できます
starsこれならハリウッドに勝てる!(かも) 日本のコンテンツビジネスは金融で飛躍できる
stars映画ファンだけではなく、ビジネスマンも興味をもつ作品です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ルノワールは無邪気に微笑む―芸術的発想のすすめ (朝日新書)
ルノワールは無邪気に微笑む―芸術的発想のすすめ (朝日新書)千住 博

おすすめ平均
stars心のこもった読者とのQ&A、そしてルノワールがなぜ良いか分ります
stars読んで得する「千住的芸術のススメ」
stars今の自分を思わず反省
stars画家の素顔が見える
stars柔らかでタフな芸術家の日々

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ
あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチSevern Cullis‐Suzuki ナマケモノ倶楽部

おすすめ平均
stars地球温暖化プロパガンダ本
stars12歳とは思えません!!
stars子供を愛する親御さんに読んでほしい
stars地球への深い愛
stars生まれて初めて感涙した本。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フリーランス・個人事業の青色申告スタートブック―「わかる、使える」をつきつめたらこうなりました (お金の実務シリーズ)
フリーランス・個人事業の青色申告スタートブック―「わかる、使える」をつきつめたらこうなりました (お金の実務シリーズ)高橋 敏則

おすすめ平均
stars青色申告初めての人でもわかりやすい
starsアフィリエイターの皆さんにおすすめ青色申告がわかります
stars超割り切り、シンプルイズベストがこの本の神髄

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最高支配層だけが知っている日本の真実
最高支配層だけが知っている日本の真実副島 隆彦

おすすめ平均
stars副島氏は編纂者というだけの価値
stars日本海海戦は、イギリス軍人が指揮した−−日本近現代史への根本的な懐疑
starsこれまたすんげえ本!
stars情報として知っておいて良いこと
starsこの本よりも面白い本は…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

8月 17, 2008 just a thought |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1864/42189078

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋とセレンディピティーの話:

» [iPhone]本にしますか?kindleにしますか?それともiPhoneにしますか? トラックバック Batayan’s Log
先日、地下鉄に乗っていたときに、目の前の初老の男性がニンテンドーDSで本(電子ブック)を読んでいるのを目撃して、ちょっと衝撃を受けた。そういう時代になったのか、と思ったし、かねてiPhoneやそれに類するデバイスで文章を読むことについての可能性を考えていたところ... [続きを読む]

受信: 2008/08/29 1:29:11

コメント

Going My Wayさんが例の12歳の少女の伝説のスピーチの動画を紹介しています:
http://kengo.preston-net.com/archives/003819.shtml

投稿: nobi | 2008.08.18 19:33

If you are willing to buy a house, you would have to receive the loans. Furthermore, my brother all the time uses a consolidation loan, which occurs to be really fast.

投稿: MinniePena34 | 2012.05.28 10:02

コメントを書く