« まだまだ話題のiPhone、ついに法人市場へ進出 | トップページ | Yahoo! Japan、iPhone戦略の隠し球? »

2008.09.18

Without Thoughtは明日(9月19日)まで

「九州は食べ物が最高!!!」を実感した熊本出張+翌週の福岡出張の後、さすがに疲れが出て、
2日ほど寝込んでしまった。ブログの更新はおろかTwitterの更新すらできておらず。
メールも2日がかりで返事を書き続けた物の、実はまだ未返答のメールが30〜40件あることにさきほど気がついたところ。

そんなお尻に火がついた状態の中だったけれど、Without Thought Vol.9が明日(19日ー金曜日)までということを知って、今日、慌てて見に行った。

公式ホームページ:WITHOUT THOUGHT Vol.9


Without thought vol.9

WITHOUT THOUGHTとは、深澤直人さんがDMN(ダイヤモンド・デザインマネジメント・ネットワーク)の協力の下、いろいろな企業のインハウスデザイナーらと組んで開催しているワークショップ。

 普段は企業で、商品デザインを行っているデザイナー達が、毎年、会社の活動に関係なく与えられたテーマについて、自由な発想でデザインしたプロトタイプを展示する、というもの。

 前回のテーマは、「拭く」で、展示されていたぞうきん型の携帯液晶クリーナーは、INFOBAR2用のクリーナーとしても発売された。

 個人的には、「朝食」の回が好きだったが、「flower vase(花瓶)」をテーマにした今回の展示もなかなか素晴らしい。

 1000円の図録は、後からでも変えるが、実際のプロトタイプの展示が見れるのは明日まで。
 ぜひ、デザイン好きの人だけに限らず、花好きの人も足を運んでみて欲しい。

 場所は西麻布交差点近くのギャラリー ル・ベインで、時間は19時まで。

三菱電機、佐藤聡さんのビニールテープもなかなかよかった(ちょっとの宮田里枝子さんのリボンプロジェクト、uzu-vaseを思い出した)。
松下電工、佐藤杏子さんの波紋も美しかった。
富士通デザインの宗貞義朗さんの「黄身」とセイコーエプソンの川部源太さんの「花の影」は花が生けられた状態で見たかった。
同じ川部さんの「水滴の花器」も、めちゃくちゃかわいらしかった。

30分で見れるので、会社が近くの人は、ランチタイムに抜け出して見に行ってもいいかもしれない。

9月 18, 2008 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Without Thoughtは明日(9月19日)まで:

コメント

コメントを書く